スポンサーリンク

結婚の適齢期はいつ?女性のライフステージ別に見てみよう!

23歳の後輩の女性が、お昼休みに「彼と今度結婚することになったのですが、周りの友達が『結婚早いー!』って言うんですよ。そう思いますか?」と話しかけてきました。

彼女の周囲では、結婚適齢期と言ったら20代後半のイメージがあるそうで、そういった発言が飛び出したようです。「デキ婚ではないのに?」といぶかしがる人もいるとか。

彼女は短大卒の社会人2年目。仕事ぶりも真面目で、相手の彼は5歳年上で経済的にも自立した立派な社会人です。

彼女の周囲が「早くない?」と思うきっかけとなった結婚適齢期。女性にとっての結婚適齢期は、人それぞれだと思うのですが。

そこで先日あった女子会の席で、結婚適齢期について私の女友達から、それぞれの結婚経験を元に思ったことを語って貰うことに。

仕事、出産、育児のライフステージ別に見た女性の結婚適齢期について、後輩のアドバイスになれば良いなと思い、彼女達の本音を聞いてみることにしました。


スポンサードリンク




世間一般の女性の結婚適齢期はいつ?

世間一般で言う女性の結婚適齢期はいつなのでしょう?

結婚を何歳でしたいか(したかったか)について、恋愛や結婚に関する情報サイト(恋愛.jp)で女性318人のアンケートを集計したところ、こんな調査結果に。

  • 第一位: 26~28歳 40%(128人)
  • 第二位: 23~25歳 31%(98人)
  • 第三位: 29~31歳 11%(34人)

(引用元サイト:http://ren-ai.jp/45974)

20代後半を結婚適齢期として多くの女性が認識しているようです。

仕事から見た結婚適齢期

社会人になりたてで、仕事を覚えるのに必死な毎日を過ごす20代前半。仕事にやりがいを持ち、キャリアも少しずつ重ねて自信もついてくる20代後半。

適度に肩の力も抜けて、趣味に資格勉強に友人との遊びにと自分だけのために使える時間がたくさんあるのもこの頃の特徴ですね。

この時期に結婚決めた友人は、こんな風に話してくれました。

結婚適齢期の前半に結婚出産を経験した友達の声

20代前半のうちに学生時代からの彼と結婚し、出産を終えた友人によると、良い面も辛かった面もあるようです。

  • 良かった面:
    • 体力があるうちに出産と育児を乗り切れた。いざと言う時に頼れるじいじ、ばあばも元気なので、子供面倒を見てもらえて助かった。
    • 子供の手がかからなくなってから、働きに出てもまだ年齢制限にかからない。
  • 辛かった面:
    • 同世代のママ友がいなくて、幼稚園でママ同士の会話に壁を感じた。
    • 周りの同年代の友人が、旅行や夜までのお出かけ、美容院やおしゃれなレストランなど自分の時間を謳歌していてうらやましい感じが少しだけあった。

結婚適齢期のタイミングで結婚を決めた友人の声

いわゆる「適齢期」に結婚も決まり、仕事も脂がのって、順風満帆見える友人にも悩みはあるようです。

仕事がせっかく面白くなったところで妊娠出産を迎え、育休を経て復帰しても、子供の体調や家のことがなかなかうまく回らず、結局退社。

何より同期入社の同僚の「子供がいると色々優遇されていいわね。。」目線が辛かったそうです。

妊娠出産から見た結婚適齢期

20代に結婚しても子供はまだ先でと思っていたけれど、いざ子供をそろそろと思った時にタイミング良く授かるとは限りません

30代前半に結婚しキャリアが一段落したところで子供を、と思っていた友人は、なかなか授からないことに落ち込んでしまったと言います。

妊活は時間も経済的にも負担がかかるもの。もちろん、若ければ簡単に妊娠出来る訳ではないですが、時間がかかるものと知っていれば、「もう5歳くらい自分の中での結婚適齢期を早めても良かったのかな。」とこぼしていました。

育児から見た結婚適齢期

子供が社会人として独り立ちするまで、長い時間がかかります。

旦那様と10歳離れた年の差婚の友人は、いわゆる結婚適齢期の28歳で結婚。31歳で一人目を出産しました。

その時旦那様は41歳。その子が4年制大学を卒業する時に、その子の父親である旦那様は62歳で定年退職後の再雇用での経済力です。

退職後にも子供にかかる学費が重くのしかかってくることに、「もう少しだけ早めに旦那さんと結婚しておけば良かったなぁ。」と言います。

さいごに

色んな友人の経験談を聞くと、女性にとっての結婚適齢期は、やっぱり子供を産むか産まないかが大きいポイントだなぁと思います。

周りの人に、「20代前半で結婚は早い。」と言われた会社の後輩。

「結婚すれば、時間もお金も自分の自由に出来る独身時代とは全く違ってくる。結婚相手や子どもを思いやり、相手のご家族のことも考えられる心のゆとりを持てた時が、その女性にとっての結婚適齢期だと思うよ。」

と自分の考えを伝えました。

後輩は、結婚をためらっていた訳ではないですが、「先輩に背中を押された感じです。」と笑顔で話してくれました。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ