スポンサーリンク

素潜りの記録! 世界の海にも日本の海にもすごい人がいる!

芸能人の男性がフィンスイミング
大会に出ているスポーツ番組を見た私。

海を舞台にした怖くない映画はないかな、と
思って探してみました。

だって、海ってサメとかオルカとか
怖い映画ばっかりですからね!

そこでやっと見つけたのが、
「グランブルー」という映画で。

フリーダイビングの世界記録に挑む2人の
ダイバーの物語になっていて。

その映画で海女さん以外の素潜りって、
あるのだと知りました。
素潜りが競技としていろいろあるのも
知ったので、色々調べたくなったのです。

まず映画を観てみたのですが、
映画の中で、ダイバーが信じられないほど
深く潜っているのです!

実在のダイバーがモデルということで、
世界記録はどの位なのか?
日本での記録はどの位なのか知りたくなった私!

そこからフリーダイビング=素潜りについて
調べてみましたので、ご紹介します。


スポンサーリンク


競技として8種類の種目があるフリーダイビング!

素潜りといっても競技として、
8種類もある
ってご存知ですか?

ただ潜るのに、どんな種類があるの?
そう思いますよね!

私も「ただ潜るだけじゃないの」と
思ってました。

が、なめてました!
予想と違っていました!

フリーダイビングには以下のような
8種類の競技があります。

それぞれの競技と、最高記録を出している国と人の名前と、
また、男性・女性別の記録までご紹介します。

    「スタティック・アプネア」:ロシア ナタリア・モルチャノワ 8分00秒

  • ダイナミック・アプネア・フィン無し(DNF)
    呼吸を止め、フィンをつけること無く泳ぎ、
    水平に何メートル潜水できるかを競います。

    男性 
    ドイツ:トム・ シータス 10分12秒

    女性
    ニュージーランド キャサリン・マクフィー 151m

  • ダイナミック・アプネア・フィン有り(DYN)
    呼吸を止め、フィンをつけて泳ぎ、
    水平に何メートル潜水できるかを競います。

    男性
    ドイツ:トム・ シータス 213m

    女性
    ロシア:ナタリア・モルチャノワ 205m

  • コンスタント・ウェイト・フィン有り(CWT)
    呼吸を止め、フィンをつけて自身の泳力だけで
    垂直に何メートル潜れるかを競います。

    男性
    フランス:ギヨーム・ネリー 113m

    女性
    ロシア:ナタリア・モルチャノワ 95m

  • コンスタント・ウェイト・フィン無し(CNF)
    呼吸を止め、フィンをつけることなく、
    本人の泳力だけで垂直に何メートル
    潜れるかを競います。

    男性
    ニュージーランド:ウィリアム・トゥルブリッジ 101m

    女性
    ロシア:ナタリア・モルチャノワ 60m

  • フリー・イマージョン(FIM)
    呼吸を止め、フィンを装着せずに
    ガイドロープをつたって
    垂直に何メートル潜れるかを競います。

    男性
    ニュージーランド:ウィリアム・トゥルブリッジ 121m

    女性
    ロシア:ナタリア・モルチャノワ 82m

  • ヴァリアブル・ウェイト(VWT)
    ザボーラという乗り物に乗って潜降し、
    ロープを手繰って浮上します。

    男性
    ベネズエラ:カルロス・コステ 140m

    女性
    ケイマン諸島:ターニャ・ストリーター122m

  • ノー・リミッツ(NLT)
    ザボーラという乗り物に乗って潜降し浮上します。

    男性
    オーストラリア:ハーバート・ニッチ 214m

    女性
    ケイマン諸島:ターニャ・ストリーター 160m

  • となっています!

    日本にもフリーダイビングですごい人がいる!

    さて、世界記録もすごい方がいますが。
    日本にもフリーダイビングですごい人がいます。

    フリーダイビング、日本記録、と検索してみると
    ジャパンランキングで同じ名前がずらずらと!

    その方の名前が篠宮龍三さんといい、
    一息で水深100メートルまで
    潜る
    方だと紹介されていました。

    私が観た映画「グランブルー」がきっかけで、
    フリーダイビングを始めたのだそう。

    また水深115メートルを2010年に
    到達
    していて。

    水深115メートルにたどり着いたのは
    世界でも8人しかいない
    のだそうです!

    篠宮龍三さんの動画がありましたので
    ご紹介しておきます。

    まとめ

    他のスポーツと違って
    あまり目立たないフリーダイビング。

    でも、あの美しい青い
    「グランブルー」に魅せられて
    人々が潜っている
    のだなと思います。

    ご近所ママさんが、娘さんの結婚式で
    グアムに行った際にスノーケリングを体験し、
    スキューバに興味が出てきたのだそう!

    海ってやっぱり気持ちよさそうですし、
    いつか私もスキューバ体験してみたい。
    そう思いました!


    スポンサーリンク


    あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ