スポンサーリンク

瞼がピクピクする!原因は何?病気?治す方法は?

「また、瞼がピクピクしてるよ!
 病気じゃないの?」

と同僚に言われて、少し焦りました
なので、貯まった有休を取って、眼科へ・・・

276875

何かの病気だと困りますし、出来れば
最近多い、このピクピクとする不快感を
無くしたい
という思いもありました。

で、眼科に行ったのですが、幸い
検査の結果は目の疲れ、使い過ぎとの判断です。

ただ、先生が「気を付ける様に!
と言って着ました。

今は、目の疲れで、目の血流がチョット
悪くなっているので、痙攣しているだけだけど
そうじゃない場合もあるからね!との事です。

(-“”-;)ムム・・・
気になるので、ちょっと聞いてみました。


スポンサーリンク




瞼が痙攣する原因

今回の場合は、瞼がピクピクする原因は
目の疲れという事でしたが、他にも
体が疲れている場合が殆どだそうです。

例えば、パソコン画面をよく見ているとか
スマホを長時間使っているとか、単に
疲れているとかと言う場合
です。

7026a723c13652494e8ec564925215b9_s

それが元で、目の周りの筋肉への
血流が悪くなって、その血流を元に戻そうと
無意識に運動しているので、ピクピク
とする
のだそうです。

なので、殆どの場合は、目を休めてやる
体を休めてやると治るそうです


ただ、数パーセントですが、重大な病気の
サインの場合もあるそうです


あまり気にしなくて良いとは言われましたが
気になるので、どんな病気が有るのか
聞いてみました。

病気の可能性

もし、瞼がピクピクする場合には、以下の
病気が隠れている場合があるそうです


顔面ミオキミア

瞼の下側が痙攣するとの事です。

原因としては、寝不足やストレス、
目の疲れ
が上げられるそうです。

なので、休養を取れば、数日で
治る病気
との事です。

ただ、休んでも痙攣が収まらない場合には
脳内の病気が懸念されるので、精密検査
もしくはMRI等の件さをする必要があるそうです。

目瞼痙攣(がんけいけいれん)

最初聞いた時は、小難しい名前で難病?
等とも思ったのですが、漢字で書くと
何の事は無い、目の瞼の痙攣との事

病気とは言っていますが、これは
ハッキリとは分かってないそうです

軽度の場合には、まぶしいとか、目が乾く
等だけなので
、問題はほとんどないのですが
重症化すると、事態は深刻です。

瞼が開けられなくなって、事実上
失明と同じ
になるそうです。

両目で起きてしまうと、大変な事です。
ただ、そこまで重症化する人は稀なのだそうです。

ただ、診断も難しいので、先生曰く
症状を軽く考えないで、はっきりと
症状を伝えて欲しいとの事でした。

片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)

これは、目だけでは無く顔面が痙攣します
しかも片側だけ。

原因は、顔面の神経が、圧迫されている
のが原因の場合が多いそうです。

この場合、眼科で検診して適切な
処置をすれば問題ないそうです。

VDT症候群

これは、最近の病気だそうで、パソコンなどを
操作する事が多いので、目が疲れて
起こる症状
だそうです。

瞼が痙攣する事もあるのだそうですが
ドライアイや眼精疲労、肩こりなどが
主な症状との事です。

瞼のピクピクを治す方法

瞼がピクピクすると、ちょっと
気持ち悪いですね。

そんな時に、どんな事をすれば良いのか
という事も聞いてみました。

先生曰く、簡単なんだけどなかなか
する事を忘れている事が多いのだとか。

338396

その方法は、以下の通り!

  • 目を閉じて目を休ませる
  • 温かいタオル等で目温める
  • リラックスする環境を作る
  •  (コーヒーを飲んだり、ゆっくりした音楽聞いたり)
  • まぶたを優しくマッサージする
  • 睡眠を充分にとる
  • なるべくストレスを感じない様にする
  •  (ストレスを感じたら、自分なりの発散方法を!)
  • ビタミンを積極的に摂る

出来る事なら、生活習慣も見直して、食事も
バランスの良い食事を心がける
のが
良いとの事です。

もともとは、目の疲労が原因の事が
多いので、目の休息が第一!
との事でした。

近くばかりを見ていたなら、遠くの景色を
眺めるとか、左右上下に目を動かすとかですね。

後は、仕事に集中していた場合などは
一旦仕事をおいて、コーヒー飲みながら

友人んとばか話や、恋人やパートナーと
楽しい話をするのが良いらしいです

まとめ

今回は、目の疲れという事でしたので
疲れ目対策の目薬貰って、帰宅しました。

帰ってから、温めたタオルで目を
温めましたが、これは気持ちよかったです

取りあえず、私に出来る事は
続けて、目を大切にして行こうと思いました。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ