スポンサーリンク

盆栽の作り方!桜は初心者にもできる?

盆栽ってそれなりに場所も必要だろうし
 専門的な世話とか、知識が必要なんじゃ
 ないの?」

「でもね、最近見たんだけど『ミニ盆栽』
 っていうのがあって、すごくかわいいの!

 お部屋のなかでも、四季の変化を楽しめて
 その一鉢で、和の空間が生まれるんだよ。
 癒されること間違いないじゃん!」

もともと植物は育てられないわたしですが、
興味を持った盆栽

177208

植木鉢といっても、食器や、茶道の茶器を
使ったりと、いろんなアレンジ
楽しめるようです。

最近、外国の方からも注目されてきて、
インテリアとしても人気が出てきているんですよ。

かわいらしい桜、人気もあって、
種類も豊富なようなので、育てやすい種類と、
盆栽の作り方を一緒に調べてみました。


スポンサーリンク


オススメ品種「旭山桜」

別名「一才桜」この桜は、4月中旬ごろ
薄桃色の八重の花を咲かせます。

まだ若い苗のうちから花をたくさん咲かせるので
盆栽として楽しみやすい品種です。

高さが20センチ程度のものからあります。

育て方は?どうすればいいの?

育て方の詳細を見て行く事としましょう!

置き場所

基本は外で育てるのがよいようです。

年間を通じて日当たりがよく、風通しの
良い場所が理想です。

冬場は風が当たらず、霜や雪が降りない
ところへ移してあげましょう。

室内でも育てられますが、日当たりの良い
窓際がいいようです。

2~3日くらいで外に出してあげましょう

水やり

土が乾いたら、下から出る程
たっぷりあげます

134535

1日1~2回程度、冬時期は2~3日に
1回程度やります。

花柄摘み

咲き終わった花は摘み取るようにしましょう。

そのままにしておくと、実をつける準備
始めるので幹が弱ってしまいます。

剪定

6月頃新しい芽が十分に育ってきた頃、
枝元から2、3芽程度を残して先の枝を、
剪定します。

なるべく、元のかわいい大きさを保つために
この時期に剪定しましょう。

注意することは、切り口から雑菌が入ると
枯れてしまうので、剪定するハサミは
消毒しましょう

太い枝を切るのは避けましょう。

肥料、消毒

花が咲き終わって6~10月、月に1度、
有機系の固形肥料をあげます。

梅雨のときと、真夏は幹も弱るので
避けてください。

春から秋にかけて殺虫剤を3~4回
散布します。

新芽を好むアブラムシやカイガラムシ等が
つかないようにするためです。

植え替え

2~3年に1度、9~11月頃に
植え替えをします。

そうしないと、鉢の中で根がからまって
弱ってしまいます。

まとめ

こうしてみると、毎日の水やりはかかせませんが
それ以外は、年に何度かの作業だけで、
桜の盆栽を楽しむことができるようです。

がぜんやる気がわきてきました

自宅でお花見ができちゃうだけでは
ありません。

もちろん桜の花のときが一番の見所ですが、
花の後の新緑を楽しんだり
青々とした葉が、秋に色を変えたり。

移り変わっていく季節を、桜が
教えてくれるなんて素敵ですね。

まずは、自分だけの一鉢を探すところから
始めてみようと思います。。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ