スポンサーリンク

漫画の立ち読みが本屋で禁止されている理由とは?マナーも大切なんです!

先日、子供達と本屋に行ったんです。特に、中学生の長女は漫画が大好きでお小遣いは、ほぼ漫画に充てるほど。

お正月にお年玉をもらったので、懐事情もかなり温かい子供達に、本屋に連れてってとせがまれたんです。

「お金に余裕もあることだし、読んだことない漫画でも買ってみようかな。」

と言って、広い本屋をウロウロしていた娘がしばらくして憤慨し始めました。

「漫画の中身を少しでも見れたら、内容がわかるのに!これじゃ選べないよ!」

漫画にはビニールのカバーがかけられていて開けられないようになっているんです。どうして、本屋で立ち読みができなくなってしまったのでしょう?

はそんなことなかったのに。

調べてみたら、なるほど納得です。本屋には、こんな現状があるんですよ。


スポンサーリンク


まんがの立ち読みのメリット

世の中には、多種多様の漫画があります。読み手の好みも様々ですよね。ジャンルによって、好き嫌いがハッキリするのもよくあることです。

始めからお目当ての漫画があるのなら、悩む苦労はありません。しかし、フラッと本屋に入り、何となく探しているうちに、買いたくなる時もありますよね。

そんな時に中身がわかれば、買うかどうかを判断しやすくなります。

表紙だけのインスピレーションで買ってはみたものの、読み始めて買ったことを後悔するのは嫌ですものね。

立ち読みすれば、内容の大体の掴みを知ることができます。とはいえ、立ち読みで読み始めた漫画をそのまま何冊も読み続ける人もいます。

本屋で買わずに、無料で読むだけ読むのは泥棒ではないか?と、発言した人もいるのもわかる気がしますよね。

私にしてみれば、長時間立ち続けてまで何冊も読破しようとは思いません。客側にもマナーやモラルの違いがあって立ち読みの定義も曖昧です。

しかし、漫画を立ち読み禁止にしていたりカバーをかけてで見られないようにして対策している所もありますよね。

客の漫画の新規開拓を阻んでいるようにも思うのですが、これにはこんな理由があるんですよ。

まんがの立ち読みに関して本屋側の主張とは?

立ち読みは、客にとっては漫画を選ぶ手助けにもなる行為です。しかし、本屋としてはあまりいい感情を持ってはいないんです。

  • 長時間、立ち読みする客が他の客の迷惑になることがある。
  • 多くの人が漫画を開くことで、商品が痛んでしまう。
  • 書棚の整理をする時に、立ち読み客が作業の妨げになる。
  • 長時間の立ち読み自体が目的で、販促につながらない。

このように、本屋側にも商売をする上で妨げになることがあるんです。

客側とすれば、店側の都合を考えたことはあまりないでしょう。

立ち読みを許容していた本屋でも、あまりのマナーの悪さに、禁止せざるを得なくなった場合もあります。

まんがの立ち読みにもマナーがある

  • 本棚との間の狭い通路を塞ぐように座り込み立ち読みをするため、他の客が通れない。
  • 積み上げた本の上に腰掛けて立ち読みする。
  • スマホで漫画本の中身の写真を撮る。
  • 立ち読みしながら、食べ物を食べる。

こんなことをされたら、他の客も不快な気分がするものです。誰が見ても、雰囲気の悪い本屋のイメージが付くことでしょう。

立ち読みのマナーの悪さから、本当に商品を購入する客が離れていくのを阻止しないといけませんよね。

ただ、立ち読みを禁止していない本屋には、立ち読みを容認する理由があるんです。立ち読みが利益につながっているから、なんですね。

だから、立ち読みにもマナーが必要なんです。

  • 汚さない
  • 飲食しない
  • 座り込まない
  • 写真を撮らない
  • 通路を塞がない
  • 元の場所に返す
  • 長時間は厳禁

本屋側も、ただで漫画を読む客には対策を取らなければ、死活問題になります。お互いの思いやりやマナーの上に成り立つ暗黙のことって、結構あります。

立ち読みもその一つなんですよね。

「漫画の立ち読みが本屋で禁止されている理由とは?マナーも大切なんです!」まとめ

このことを娘に話すと、納得した顔で一言。

「せっかく新刊を買って、漫画が汚れてたらガッカリする。」とのことでした。好きな漫画をキレイな状態で購入するのにはコレクションする、という意味もあります。

娘も、買った漫画は透明のカバーをつけてなるべく汚さないように扱っています。確かに、女性の立場から言えば、目当てのコーナーに男の人がずらりと並んでたら躊躇してしまいます。

「買う」意思があっての立ち読みと、ただで読むだけの立ち読みは違います。お互いの利害の一致がなければ、商売は成り立たないものですよね。

気持ちよく本屋を利用するためにも、まずは自分から気を付けてみることも大切ですね♪


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ