スポンサーリンク

水道水のサビをなんとかしたい!浄水器で解決できる?代表的な3種

水道の蛇口、これをひねったら
赤濁ったような水が出てきた。

これは先日、1人暮らしの為に
マンションに引っ越したばかりの
知人の話です。

知人は、そのことが相当ショックだったのか
半分ほど錯乱して「血!?」と、電話して
きました。

ですが、そんなものショッキングすぎます。

おそらくはサビだろうから、しばらく放水
それから使うといいとアドバイスしました。

ですが、今後もその水を調理や飲用に使うと
なると、困った問題です。

知人は、その後、浄水器を考えることにした
これについてもなにか知っていれば、教えて
くれないだろうか?と、相談してきました。

困っているようなのと、我が家も古いので
同じようなことがあった時のため、調べて
みることにしました。

今回は水道水を汚染するサビ、これに
対処するための浄水器をどう選ぶか
、など
調べてまとめていきたいと思います。


スポンサーリンク


サビ水?

これは主に、赤いサビが混じった水のことを
言い、原因としては給水管
あげられます。

水道水の通り道、この給水管内
サビが発生し、それが流水の勢いで
水に溶けてしまい、赤い水が出るのです。

この給水管にも、水管お湯管があり
使い方にもよりますが、汚れ方
違う場合があります。

知人の越したマンションは、築30年以上
物件で、台所の水道の蛇口は水とお湯と別で
2つの蛇口がある、とのことです。

今回、冒頭であげたのはの方でしたが
試しにお湯の方をひねってみるとさらに
ひどいありさまで、もはや茶色だったそう。

築年数が長いほど、こうした管のサビ
と、いうものは出やすいそうです。

浄水器でどうにかなるの?

元々の水源、ここが異常に汚れていない限り
私たちが使っている、というのはしっかり
浄水場で処理され、清潔です。

これが、管を通る過程で汚れてしまうという
のが、今回の問題なので、浄水器は有効
対策であると言えます。

そもそも浄水器というのは、フィルターに水を
通して、次のようなものを取り除き
美味しく、安全な水にしてくれます。

水道水に残された、または含まれている
のは、以下のようなものです。

  • 消毒に使われた残留塩素
  • カルキ
  • カビ臭
  • 濁り
  • 鉄サビ

などです。

これらが生活水に混じっている、そう思うと
正直怖いですが、浄水器を取りつけることで
きれいな水になります。

浄水器は安いものは、数千円から高いものに
なると、ウン百万円もする商品もあったりする
そうなので、そこは財布と相談ですね。

マンションに設置可能な浄水器、というのは
3種類あり、それぞれにメリットがあります。

蛇口直結型

こちらは簡単で安く取り入れやすいものに
なります。

とてもコンパクトで、取りつけも簡単便利!
なのですが、安価なだけ、カートリッジ交換の
頻度多くなってしまいがちです。

ろ材である活性炭の量が少なく月に1回
交換で、効果を得られるでしょう。

とりあえずのお試しに、いかがです?

据え置き型

これは、蛇口に取りつけるものよりも大型
ものになり、シンクに据え置きで使います。

大きなだけ、浄水処理能力が高く、水を
たっぷりと使えます。

蛇口部分に、原水(元の水道水)と浄水の
切り替えコック、これがついているものが
多く、ワンタッチで切り替えが可能です。

これのカートリッジは、年に1回の交換で
済むので、長く暮らす予定があるのなら
こちらを取りつけるのも、です。

ビルトイン型

台所、シンク台の下に取りつけるタイプの
商品になりますね。

これに関しては、浄水専用の蛇口が設置され
それには、大がかりな工事が必要な場合も
あります。

ですが、カートリッジの交換というのは
最も頻度が少なくて済むと言われています。

永年的に暮らすことを考えている場合
ローンを組み、マンションを購入した
人などは、こちらを検討してみては?

おわりに

さて、知人がその後どうしたのか電話して
みましたが、とりあえず蛇口直結型
浄水器を取りつけてみた、とのこと。

月1のカートリッジ交換は面倒だが、それを
しないと、またあの恐怖の赤水が出てくる。

なので、カレンダーに書いて毎月交換
行っていると言っていました。

もう少し、懐に余裕ができてきたら
業者に頼んで、給水管の掃除(?)を行って
もらうとも言っていたので大丈夫そうです。

あなたの暮らす部屋も赤水が出ますか?

懐に余裕が出て、業者に清掃を頼めるまでは
浄水器でうまく乗り切りましょう。

もちろん、業者なんかいらない!って方は
浄水器ですごしても問題はナッシングです。

ただ、カートリッジを取り換え忘れた日には
驚くことになるよ、という話。

では、自分にあった浄水器で賢く便利
日々をお過ごしください。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ