スポンサーリンク

歯磨きのタイミングは寝る前が最も重要!その理由は?

先日、ママ友と、虫歯が話題に上りました。

ママ友曰く、毎食後に歯磨きをしているのに、
虫歯になったそうで、歯医者さんからは、

食後も大事だけど、寝る前歯磨きを特に
念入りにするように、注意されたそうです。

ママ友は、子供と寝落ちする為、寝る前は
あまり、気にした事がなかったそうです。

そう言えば、私は、食後の歯磨きはあまり
気にしないのですが、寝る前だけ時間を
かける
為か、虫歯とは、しばらく縁がありません。

虫歯になりにくい、歯磨きのベストな
タイミングなんて、あるのかしら?
気になったので、調べてみる事にしました。


スポンサードリンク




歯磨きのタイミング

いずれも、フッ素入り歯磨き粉を使用し、
歯磨きをしている場合を想定して、
調べてみました。

基本的には、毎食後+寝る前に磨くのが
ベストと言われています。

朝食後の歯磨き

起床直後に、磨く事を推奨する歯科医も
いますが、それは、起床直後の口内が1日の
中で、最も細菌が多い状態、だからだそうです。

ただ、虫歯になるやすいかどうかは、個人差も
あるので、忙しくて時間がない時は、口を
ゆすぐだけでも、構わないそうです。

朝はとりあえず、朝食後に、しっかり磨く
ことで、虫歯予防対策になりそうです。

昼食後の歯磨き

一日の中で、最も軽視されがちなのが、
昼食後の歯磨き、かもしれません。

でも、昼の歯磨きは気分転換と共に、
口臭抑える効果もあると、言われているので、
ビジネスパーソンには、欠かせませんね。

時間がある時は、昼の歯磨きも
お勧めとのことです。

夕食後の歯磨き

さて、夕食後と寝る前ですが、

この間隔が、3~4時間程度であれば、
虫歯のリスクが低い場合、夕食後
しっかり磨く事が重要、と言われています。

ただ、虫歯のリスクが低いかどうか、
年齢を重ねると、分かりづらくなる気が
しませんか?

虫歯だけでなく、歯周病歯槽膿漏など、
口内環境全体が、気になってきますよね。

最も重要なのは 寝る前

そこで重要なのが、やはり寝る前
念入りな歯磨き、と言われています。
何故、寝る前の歯磨きが、そんなに重要なのか。

それは、分泌される、唾液の量に鍵があります。

唾液の99.5%は、水分でできていますが、残りの
0.5%に、殺菌作用が含まれているそうです。

起床時には、食べ物を食べたり、何らかの刺激が
与えられる為、唾液が多く分泌されます。

しかし、就寝時には、唾液の分泌が減る為、
口内細菌が一気に増え、虫歯になりやすい
状態になると、言われています。

その為、寝る前にできるだけ、歯磨きで
細菌を減らしておく事が、重要、と
言われているのです。

では、『寝る前』と言っても具体的には、どれ位、前が
理想的かというと、寝る1時間位前
効果があると、言われています。

というのも、歯磨きには気分転換の
効果もあるので、寝る直前だと
目が覚めてしまいます。

なので、例えば、21時に寝る時には、20時頃に磨き、
あとは、コーヒーや紅茶、まして牛乳などを
飲んだりしないよう、気をつけましょう。

どうしても、何か口にしたくなったら、
白湯が、安眠効果もあると、言われているので
おすすめですよ。

まとめ

まとめてみると、一日の歯磨きの中で、
優先順位をつけるならば、

  1. 寝る前
  2. 朝食後+寝る前
  3. 毎食後+寝る前

とも言われるほど、寝る前の歯磨きは、
念入りに行う事が、重要
だそうです。

もちろん、最も理想的なのは、
起床後+毎食後+寝る前、だそうですが、
磨き過ぎも、あまり良くないとの事です。

この場合の磨き過ぎ、とは、力の入れ過ぎ
という意味で、歯のエナメル質を傷つけ、

逆に、虫歯になりやすくしてしまう事が、
あるからだそうです。

調べた事を、ママ友に教えてあげたら、
これからは、なるべく、寝る前の歯磨きを
念入りにするよう、努力するのことです。

逆に、私はこれまで気にかけていなかった、
朝食後の歯磨きも、念入りにしようかなと。
年齢を過信するのは、あまり良くないですしね。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ