スポンサーリンク

有給休暇を使うと給料が下がる?そんなことあるの?

「ちょっと聞いてよ」
同期の友人が、ちょっと不満そう
言ってきました。

聞いてみると、
先月、有給休暇を取ったら
皆勤手当が、ついてなかったらしいんです。

別の同僚は、「うちの弟は、
工場勤務なんだけど、有休取ると
深夜割増分が、つかないらしいよ」

150050-300x225

みなさん、結構細かく給料明細
チェックしてるんですね。

そもそも、有給休暇とは
どういう権利なんでしょうか?

有休を取ると、給料が減るなんて
ちょっと困りますよね?



スポンサーリンク




有給休暇という権利

仕事を休んでも、給料が出る休暇の
ことを、年次有給休暇と言います。

有休を取るには、事前申請が必要です。
病欠を、有休扱いにしてくれる会社も
ありますが、強要はできません。

労働基準法では、6か月以上継続勤務
全労働日の、8割以上勤務した労働者に
対して、10日間の年次有給休暇

与えなければならない、と
定めています。

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e1-300x187 (付与日数の上限は20日)

また、有休の買い取りについは、
法定付与日数を超える分、
消滅してしまう分(有効期限は2年)

退職によって、請求権が消滅する
場合に限り認められます。

有休を取った時に支払われる給料とは?

有休をとった時に、支払われる給料の額は、
労働基準法によって、決められています。

通常勤務と同じ額

1番わかりやすく、労働者も
安心
して、有休を使えますね。

この場合、各種手当なども
つきますので、手取りの額が
ほぼ変わらないと思います。

平均賃金

過去3カ月の、働いた日に対して
支払われた、給料の平均額です。

この場合、賞与など、
特別なものは除外されます。

健康保険の標準報酬日額

健康保険によって、普段の給料を
基準に、段階的に定められた、
標準報酬月額というものがあります。

標準報酬月額は、毎年1回7月に
4、5、6月の給料の平均額と、
標準報酬月額表を照らし合わせて

等級を決めます。
等級は、給料の大幅な増減が
ない限り、1年間固定されます。

都道府県別、標準報酬月額表はこちら。
http://www.team-cells.jp/hyoujyun/hyoujyunhousyu.php

等級で決まった月額を、日割り計算して、
有給休暇取得日の、給料として支払います。

でも、標準報酬月額には、幅があるので
労働者にとって、不利になる場合があります。

例えば、上表より、給料が31万円の人は、
22等級(29~31万)で、30万円が報酬月額となり
実際の給料より、1万円安くなるのです。

110696-300x225

これらの3つのうち、
どれか1つを、有給休暇に対する
支払方法として、採用できます。

どれを選ぶかについては、
就業規則で、規定する必要があるので
その都度、変えることはできません。

また、同僚の話であった皆勤手当
深夜割増などの、各種手当については
どうでしょう?

労働基準法上は、労働者の不利益にならないため
つけるのが望ましい、とされてます。

でも、これらに関しては、会社の就業規則
定められているほうを、優先されるようです。

まとめ


同僚は、さっそく会社の
就業規則を、調べてみる!と
息巻いていました。

自分の会社の、就業規則なんて
真剣に読んだことがある、という人は
少ないですよね。

わたしも、同僚が言ってこなかったら
有給休暇で、給料が減ることがある、なんて
気づかなかったかもしれません。

その後、
同僚が、何も言ってこないところをみると
就業規則に、書かれていたんでしょうね。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ