スポンサーリンク

旅行の持ち物は軽く!一泊二日ならこれだけでOK!

荷造りをするときはついつい、
「あれも必要、これも必要。」

と、あれこれ悩んでしまうことも
多いのではないでしょうか。

c2c292fb5a822f6a1113076cb6c181e2-300x199

私自身、かつて荷造りの仕方が苦手で、旅先で
邪魔になったり、

「こんなもの、持ってこなければよかった。」

と後悔したことは一度や二度ではありませんでした。

往々にしてこう言う荷物は邪魔になったり、
帰りの短い時間にまとめるのが大変になって
しまうもの。

できるだけ身軽に、旅をするための秘訣を
ここでは述べてゆきたいと思います。


スポンサーリンク




出掛ける時は荷物はコンパクトに!


荷物は、主に2種類のカバンを用意すると
いいでしょう。

  • 旅行バッグ
  • 手荷物かばん
これら2つで十分でしょう。

旅行バッグは、ボストンバッグ・リュックサック
がいいでしょう。
一泊二日なので、あまり大きなものはいりません。

また、飛行機やバスなど、移動手段によって、
積み込む手間も考えなければなりません。
その辺りを踏まえ、バッグを選びましょう。

そして、旅先に着いたら荷物を預けたり、
駅のコインロッカーを使うなどして、
できるだけ身軽になりましょう。

手荷物かばんは、やはり身軽さを重視します。
観光地で疲れず観光するには、
手荷物のコンパクト化は重要です。

何を持ってゆくか・・・旅行カバンには?


41817e586daaae8f2f93ed8479c0cdb9-300x214

旅行カバンには主に、

  • 着替え
  • ルームウェア
  • 入浴グッズ
  • 化粧品
などを入れてゆくことになります。

・着替え

男性なら、下着だけでもいいと思います。
女性はトップスなども持ってゆくと
よいと思います。

私は場所によっては、冬季は中に着る
カットソーなども2枚くらい
持ってゆくこともありました。

また私は、Tシャツや下着は旅先で
捨てていました

その分、お土産を持って帰れますよ。

ズボンは、どんな服にも合わせやすい
ジーンズを最初から履いてゆくと
いいでしょう。

2日間同じジーンズでも、上着を替えれば
印象は違って見えるものです。

・ルームウェア

ルームウェア・寝る時の服もなるべく軽装
選ぶとよいでしょう。

私は男性なので、Tシャツと下着で
寝ていました。
誰が見ているわけでもありませんので・・・。

パジャマなどは荷物になると思います。

旅行地が温泉地の時は、浴衣
用意されていることが多いので、その場合は
ルームウェアは不要です。

・入浴グッズ

旅館やホテルなどに備え付けの入浴グッズは
事前に確認しておくとよいでしょう。

滞在先に準備されていないものだけ
持っていくようにしましょう。

・化粧品

化粧品は、量が多くなるようでしたら
旅行バッグに入れたいところです。

嵩張る場合は、ドラッグストアなどで
購入できる詰め替えケースに入れましょう。

・靴

靴は嵩張ります。持ってゆくものとすれば、
「折りたためる靴」がいいと思います。

バタフライツイストなどがこれにあたります。
ネットで探してみましょう。

何を持ってゆくか・・・手荷物バッグには?


eef3d6991019ff9925cd0d04a401363f-300x199

手荷物もなるべくでしたら軽くてコンパクトなものが
望ましいですが、いくつか忘れてはならないものを
挙げておきましょう。

・財布

財布などの貴重品は手荷物かばんに入れましょう。
あと、忘れてはいけないものに健康保険証のコピー
があります。

健康保険証はコピーで構いません。
いざ何かあった時のために、必ず持って
ゆくようにしましょう。

・免許証

旅行中はレンタカーを借りる際や何か
トラブルがあった際に、身分証明を
しなければならない場面があるかもしれません。

そう言う時の備えとして免許証
持ってゆきましょう。

・携帯電話・充電器

地図表示や乗り換え検索などに携帯電話
欠かせません。
充電器も手荷物バッグに入れておきましょう。

さいごに


ここまで述べてきたように、

持って行かなくてもいいものは極力置いてゆく
ないものは現地調達
保険証などの必需品は忘れずに持ってゆく


この心がけで快適に旅行を楽しめるでしょう。

あなたの旅行が有意義なものになることを
お祈りします。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ