スポンサーリンク

新幹線!かがやきのグランクラス料金とは?

我が家の2階から見える、新幹線の高架橋。毎日、新幹線が通り過ぎる姿が見えます。この新幹線、少し前までは長野新幹線という名前だったんですよ。

それが、長野からさらに金沢まで伸びて北陸新幹線になったんです。そういえば先日、知人夫婦が結婚記念日に贅沢して、北陸新幹線「かがやき」で金沢に行ってきた、とのこと。

ここからなら、金沢まで贅沢するほどの距離でもないのですが・・・。聞けば、かがやきには至れり尽くせりなセレブな車両があるんだとか。

それが「グランクラス」なんです。

目的の地までの旅路で、贅沢を感じられる「かがやき」のグランクラスでの旅グランクラスって、どんなシステムなの?気になる料金も調べてみましたよ♪


スポンサーリンク


グランクラスとは?

北陸新幹線かがやきの車両には、普通車とグリーン車の他に、グランクラスがあります。

グランクラスとは、グリーン車よりもさらにハイクラスのサービスを受けることができる車輌です。飛行機のファーストクラスのようなものです。

グランクラスは、一番先頭の1車両のみで、座席は、1人・2人の横並びの配列が6列あるだけなんです。つまり、1車両にわずか18席しかありません。

一般的に、運転台の設置してある普通車だと2人・3人横並び10列の、50席です。グランクラスの席が、いかにゆったりとしているのか驚きです。

本革シートに床には絨毯、シックな木目調の色合いの車内。電動リクライニングシートは、角度45度まで倒すことができます。

座り心地は、まるで包まれるよう、という居心地の良さなんですよ。まるで部屋にいるような感覚ですね。

サービスが充実

グランクラスのサービスは、すごいです。グランクラス専任のアテンダントがいて、様々なサービスを受けられるんですよ。

例えば、

  • 軽食の提供
    (和軽食・洋軽食)
  • フリードリンクサービス
    (アルコールを含む)
  • 各種アメニティグッズの用意
    (毛布・スリッパ・アイマスクなど)
  • 新聞、雑誌、時刻表の貸し出し

至れり尽くせりですよね。

東京~金沢までは、約2時間半ほどの旅です。贅沢な時間を過ごせそうですよね。しかし、これだけのサービスを受けるにはそれなりに料金もかかるのでは?

気になる、かがやきのグランクラス料金を紹介していきますね。

グランクラスの料金

通常、新幹線に乗車する時には、運賃と特急料金の合算になります。

指定席にすると、料金が高くなります。基本的に、指定席の料金は自由席に520円プラスした金額になります。仮に、かがやきで東京~金沢の乗車の場合

  • 自由席だと、13,600円
    (運賃7,340円 + 特急料金6,260円)
  • 指定席だと、14,120円
    (運賃7,340円 + 特急料金6,780円)

となります。

グランクラスの基本的な料金体制

それが、グリーンとグランクラスの場合は、料金のルールが違ってきます。北陸新幹線の場合には、指定席特急料金 – 520円 + グリーン料金/グランクラス料金、となります。

グリーン料金とグランクラス料金には一定のルールがあります。距離が100㎞増加するごとに、1,030円上乗せされていきます。

グリーンの基本料金は、~100㎞で1,030円グランクラス料金は、~100㎞で6,170円になります。

距離 東京からの距離 グリーン料金 グランクラス料金
~100㎞ 本庄早稲田 1,030円 6,170円
~200㎞ 上田 2,060円 7,200円
~300㎞ 上越妙高 3,090円 8,230円

と、このように100㎞ごとに加算されていく訳なんです。しかし、実は「かがやき」は、東京~金沢で停車する駅はこれだけなんです。

  • 東京
  • 上野(一部停車)
  • 大宮
  • 長野
  • 富山
  • 金沢

では、グランクラスでの旅で、停車する駅によって、どれだけ違うのか見てみましょう。

停車駅別料金

東京駅から停車する各駅ごとに、グランクラスでの料金を割り出してみると、

停車駅 グランクラス料金
大宮 7,790円
長野 15,910円
富山 25,580円
金沢 26,970円

グリーン料金は、先ほどの基本的なルールでも表したように、グランクラスよりも5,000円ほど安くなっています。東京~金沢を、自由席で行った場合は13,600円です。

一方、グランクラスだと、26,970円約2倍ほどの料金になるんですね。

まとめ

 

さすが、新幹線のグランクラスともなると料金も一流です。しかし、知人の感想を聞くと、乗りたくなってくるんです!

座席シートの心地よさや、軽食や飲み物のおもてなしに、本当に癒されたんだとか。目的地までの時間を、心地よく過ごすのはとても贅沢ですよね。

気持ちにも余裕が生まれそうですね。いつかは乗ってみたいです♪


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ