スポンサーリンク

敬語の使い方!問題にすべきエトセトラ?

夫「参った、参った!
最近は、日本語が乱れとるね。」

私「あら、あなたどうしたの?」

日曜の朝、コンビニへ行くと言って、
出かけたが、帰ってくるなり、
珍しくブツブツ言っています。

夫曰く、アルバイト女子の笑顔の
対応は良い。しかし、敬語の使い方
なってないというのです。

夫「奈々子は会社で、恥をかく様な言葉遣い
  なんて、してないだろうね。
  お母さん、大丈夫かね?」

社会人1年生の娘を、心配しているみたいです。

娘は国語が得意のはずなので、心配はないと
思ったのですが、そこまで言われると
母親の責任みたいなものを感じます。

会社は、上下関係が厳しいところ、
私も、専業主婦になって久しいので、
自信がありません。

当時のことを思い起こしながら、
敬語の使い方の、何が問題なのか
調べてみることにしました。


スポンサーリンク


基本!敬語の意味と種類って?

敬語」とは、なんでしょう。
まずは、そこから整理してみますね!

日本語の言い回しの基本
尊敬語謙譲語丁寧語
3種類を指して言いますね。

では、それらの要点を簡単に
説明してみることにしましょう。

  • 尊敬語 「お~になる」「ご~になる」「れる」
        「られる」「なさる」など
         相手を敬って使う言葉です。即ち、

         「目上の人」の動作
         「相手」の動作
         2つの動作を指していますよ。

  • 謙譲語 「お~する」「ご~する」など
         相手を敬い、自分をへりくだって使う
         言葉
    です。
         
         こちらは「自分)」の動作
         そして、自分の「身内家族)」の動作
         を指します。

          つまり、自分が下手に出ることで、
          相手の立場を上げ、その結果、敬意を示す
          ということになります。

  • 丁寧語 語尾に「ございます」「です」「ます
        を付け、表現をより丁寧に使う言葉です。

         尊敬語、謙譲語は動作を伴いますが、
        「丁寧語」は、動作主を選ばないので、
        誰の場合でも、使える形です。

    間違えやすい表現とは!正しい敬語の使い方

    相手を尊重して、
    敬語を、使っているつもりでも、

    言葉遣いが、正しくなかったり、
    とても、失礼な言い回しになっている
    ことも往々にしてあります。

    解りやすい例を、縷々挙げて、
    ポイントを、説明してみますよ。

    本当は間違っているのに定着してしまっている言葉

    最近、目立って多い間違った表現は
    現在のことを、過去形にしてしまう
    ということ、なのだそうです。

    特に、ファミレスなどのサービス対応
    ~から」とか「~の方は」など
    言葉の使い方が、よく指摘されます。

    ずい分前のことですが、ママ友の間でも
    あれって、おかしくない?」って
    よく話題になっていましたね

    例を挙げてみましょう。

    正誤を、形式で示したので、
    参考にしてみてくださいね。

    現在のことを過去形にしている誤った日本語
    ×「ご注文は、これでよろしかったでしょうか」
    「ご注文は、これでよろしいでしょうか」

    「~から」という間違った使い方
    ×「5000円からお預かりいたします」
    「5000円、お預かりいたします」

    「~の方」の誤った使い方
    ×「ご注文の方は、これでよろしかったでしょうか」
    「ご注文を伺ってもよろしいでしょうか」
    「ご注文はこれでよろしいでしょうか」

    ここに挙げた「~から」や「~の方」の表現は
    正しい日本語の使い方とは言えません。

    バイト中の学生さん、気が付いた時には正しい
    日本語に言い換えるよう、注意してくださいね。

    ほかにも例を挙げてみましょう。

    ×「お水の方をお持ちします」
    「お水をお持ちします」

    ×「私の方で担当いたします」
    「私が担当いたします」

    まだまだ、たくさんありますが、
    それぞれの違いを、
    お解りいただけたと思います。

    さて、皆さんの中にも「敬語」だと
    思いこんで、使っている言い回しが、
    結構あるのではないでしょうか。

    早速、例をあげてみますね。

    その前に、質問です!(^^)!
    どちらが正しい使い方でしょうか

    A 「100円のお返しになります」
    B 「100円、お返しいたします」

    A 「会場は、突き当りになります」
    B 「会場は、突き当りにございます」

    正解はどちらもBですね。

    ~になります」は物の状態が変化
    していく様子を、表す言い方
    ですから、
    敬語ではありません。

    ~に成る」という場合の、使い方なので、
    それ以外では、使わないようにしましょう。

    上司やお客様に使うと失礼になる言葉

    仕事の同僚や後輩に使うのは、
    問題ありませんが、目上の人
    使うと失礼になる表現です。

    いくつかご紹介してみますね。

    まずは、労をねぎらう言い回しの場合、
    ×「先輩、ご苦労様です」
    「先輩、お疲れ様です」

    ご苦労様」は、目下の人に対して
    使う言葉ですね。目上に対しては
    お疲れ様です」を、使いましょう。

    何気に使っていて、よく耳にするのが
    了解しました」です。

    ×「部長、先ほどの件了解しました」
    「部長、先ほどの件承知しました」

    やはり、目上に対しては、
    承知しました」とか「かしこまりました
    を使うのが、適切です。

    ほかにも、
    ×「先生、いつもお世話様です」
    「先生、いつもお世話になっております」

    ×「なるほどですね」
    「おっしゃる通りです」

    比較すると、言葉のニュアンスが全然違って、
    聞こえますよね。このような使い方をすれば、
    目上の人に対して、失礼になりません。

    敬意の対象が曖昧になっている言葉

    相手に敬語を使おうと、意識し過ぎるあまり
    失礼な表現を使っている場合です。

    ×「どうぞお召し上がりください」
    「どうぞ召し上がってください」

    召し上がる」という尊敬語に「お~になる
    を付けたものなので、二重敬語になります。

    ご覧になられる」も二重敬語ですから
    ご覧になる」にしましょう。

    また、
    ×「ご注意してください」
    「ご注意ください」

    ご(お)~する」という謙譲表現
    ですから「ご注意ください」でいい訳ですね。

    ×「お客様をお連れしました」
    「お客様をご案内いたしました」
    「お客様がお見えになりました」

    「お客様をお連れしました」は、
    報告する相手に、敬意を払っている事に
    なります。お客様に対しては

    ご案内いたしました」や
    お見えになりました
    などと、表現するようにしましょう。

    正しい敬語を使って誰にでも好かれる人になる!

    正しい日本語の使い方」について、
    問題集から、抜粋してみましたので、
    皆さんも一緒に、回答してみてくださいね!

    設問1
    次の敬語表現を正しい日本語に直しなさい。

        A  先生、もう一度言ってください。
        B  奥様はおられますか。
        C  会長がおっしゃられます。

    正解:

        A  先生、もう一度おっしゃってください。
        B  奥様はいらっしゃいますか。
        C  会長がおっしゃいます。

    解説:
    Aの「ください」は、丁寧語だと
    勘違い
    して、目上や社外の方などに、
    使ってしまっています。

    でも基本的には、命令形なので、
    先生に対して使うと、失礼に当たります。

    Bの「おる」は、自分がへりくだって
    使う謙譲語ですから、相手の立場を
    下げてしまう、使い方になりますね。

    Cは「おっしゃる」と「られる」の
    二重敬語です。失礼な印象に受け取られ
    かねないので、要注意です。

    設問2:
    正しい日本語の使い方を1つだけ選びなさい。

        A  先生、今日はご苦労様でした。
        B  何に致しますか。
        C  まことに申し訳ございません。

    正解:
    Cですね。

    解説:
    Aの「ご苦労様」は目上の人が、目下の人に
    使う言葉ですから、×です。

    Bの「いたす」は「する」の謙譲語
    ですから×ですね。

    相手の動作に対しては
    する」の尊敬語「なさる」を使い、
    「何になさいますか」とするのが、正しいです。

    正解のCには「申し訳ない」という
    へりくだった言葉と、丁寧語の「ございません
    が使われていています。

    とても、相手に対する謝意
    感じられて、いいですね。

    まとめ

    日常的に、間違った敬語の使い方
    数多くある、ということを
    お分かりいただけたでしょうか。

    様々なシーンで、様々な人がいて
    その受け止め方も、いろいろあります。

    悪気はないにしても、敬語の間違いは、
    マイナスイメージを、与えてしまいます。

    最低限のルール学習して、
    それでも微妙に、判断がつかない
    敬語の場合、

    別の表現を駆使して、言い換えたり、
    とっさの判断も、必要になってくる
    こともあるでしょう。

    そんなときの手段として
    クッション言葉が便利ですね。

    恐れ入りますが
    申し訳ございませんが
    失礼ですが」「お手数ですが

    などなど、クッション言葉を使うと
    話し相手に対して、印象がとても
    和らいで伝わると思います。

    会話をスムーズに、運ぶためには、
    相手を敬う気持ちと、言葉遣いの
    基本をしっかり身に付けておくこと

    これが一番大切ですよね。


    スポンサーリンク


    あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ