スポンサーリンク

手が震えるのはストレスか病気か?原因について調べてみました!

2週間ほど前、近所に新しくできたクリーニング店に行ってみたときのことです。真新しい明るい店内、カウンターに店員さんがひとり。

コートとワイシャツを渡したとき、ふと手元に目が行きました。店員さんの指先が小刻みに震えてて……。

特に顔色が悪いわけでもないし、具合が悪そうでもないけど、なぜかが……。

手の震え以外は、特に滞りなく取り次いでもらえたので問題はなかったんですが、手の震えのことがどうにも気になってしまいました。

普段、あまり、人の手元をじっくり見る機会なんてなかったもので、意識したことなかったんですが、何か原因があるんでしょうか?

手が震える症状について、原因対処法など、調べてみました!


スポンサードリンク




手が震えるのは何故?その原因とは?

いろいろ調べてみると、無意識に手が震える、ということは、健康な人でも若い人でも、誰でも起こり得ることなんだそうです。

その原因は様々で、主なものに「寒さ・緊張・ストレスなど」「加齢」「病気」などがあります。

それぞれ、少しずつ掘り下げてみていきましょう。

寒さ・緊張・ストレスなど

寒いときに体がこわばって勝手に手が震える、ということは、誰にでも起こり得ることですよね。

同じように、緊張やストレスでも、手が震えることはあるようです。

そう言われてみれば、重要な書類に署名するとき、しっかり書こうとすればするほどペン先が震える、なんてことがあったような記憶が……。

でも、こういうときって、じきに震えは止まります。

つまり、重要な書類を何とか書き終えて、ほっとして緊張要因がなくなれば、手が震えることはなくなるわけです。

これなら、正常の範囲。

緊張やストレス(極度の寒さも同様)から、一時的に手が震えても、すぐもとに戻るなら、特に心配することはないんだそうです。

対処法としては、深呼吸したり、たっぷり睡眠をとったり、リラックスすること。

でも、ずっとストレス状態が続いて手の震えが止まらなかったり、人と何気ない会話をするだけなのに手が震える、といった場合は注意信号かもしれません。

加齢

手の震え以外にはこれといって特に症状は見られないケース。

高齢になると震えが出始めることが多いようで、「老人性振戦」などと呼ばれることもあるそうです。

原因は、加齢による脳の中の情報伝達の遅れや異常、あと、遺伝の可能性もあるんだとか。

年齢だから仕方がない、と思っても、手が震えると人目も気になるし、悩んでいる高齢者はけっこう多いらしい。

手仕事などで指の筋肉を鍛える、といったことで症状が軽くなることもあるようですが、やはり、お医者さんに相談するのが一番のようです。

病気

病気が原因で、手が震える場合もあります。

この場合はもちろん、医師の診断特定の治療が必要です。

例えば「パーキンソン病」。脳からの指令が体にうまく伝わらず、動きにくくなってしまう病気で、手が震える症状が出ることもあるそうです。

その他にも、アルコール依存症であったり、低血糖症や、脳梗塞の可能性もあるのだとか。

手が震える、と一口に言っても、原因や病状はいろいろあるようです。

手が震えるとき病院に行くなら何科を受診?

基本的には、寒さや生理現象、加齢などの理由で手が震えることは誰にでもあることで、それほど過敏になる必要はなさそうですが……。

しかし、なかなかおさまらない、自分の精神状態と関係なく震える……といった場合は、医師の診断を受けておくべきでしょう。

どういう病院に行ったらいいか、についてですが……。

おそらく「神経内科」という専門内科で、詳しい検査をしてもらうことになるのではないかと思われます。

近くにそういう病院がない、という場合は、かかりつけの病院や診療所があるなら、手が震えることを相談して、病院を紹介してもらうのがよさそうです。

手が震える、といってもいろいろな原因が考えられるので、どういうときに手が震えるのか、普段の様子を思い出して整理しておくといいですよ。

震えがおさまらないことで、さらにストレスを感じてしまってもいけません。

なんでもなければ、それに越したことはありません!一度、ちゃんと診てもらえば、安心できますよね。

まとめ

先日、再度、近所のクリーニング店に行ってみました。

2週間ほど前には、衣類を持つ手が震えていた店員さんですが、この日は少し表情も柔らかくなって、手は震えていませんでした。

まだ仕事に慣れていなくて、ストレスを感じて手が震えていたのかもしれません。

よかった、ほっとしました。

溜め込んでもいいことはひとつもない「ストレス」。うまく発散できればいいんですが、なかなかそうはいきませんよね。

ストレスが”手の震え”という形で表に現れることもあることや、手が震える病気や症状もいろいろあるということもわかって、とても勉強になりました。

今後は自分も、手の振るえがおきていないか、ストレスを溜めていないか、しっかりチェックしていこうと思います。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ