スポンサーリンク

必勝勉強法!ノートのまとめ方で成績アップするって!?

子供が、成績が伸び悩みどうしたら、
成績が良くなるか悩んでいるようでした。

食事の時に“勉強が思うように頭に、
入らない
んだけど、何がいけないんだろう?
“との事でした。

ノートを活用しなきゃいけないのかな〜”
良くわからなくて・・・
そこで、相談にのることにしました。

そういえば、塾経営をしている友人が
いたのを思い出したので、彼に詳しく
聞くことにしました。


スポンサーリンク


成績が振るわない原因って!

そもそも勉強しているのに、なぜ成績が
良くならないのでしょう。

その原因の1つは、勉強したふり
なっている場合です。

机に向かったのですが、聴きたい音楽を
聴いたり・・・自分は、切り替え出来る
と思っているので並行して勉強もする。

時間が経過して、実際に進捗を確認して
みるとあまり進んでいないなんてことに!

このような場合は、勉強時間を計ってみる
解決されます。

もう1つは、覚える練習(インプット
ばかりして、思い出す練習(アウトプット
をしない場合です。

意外としてしまっている人が多いんです。

インプットは、単語帳を見て単語と訳を
覚えたり、まとめたノートを確認したり
する作業です。

アウトプットは、問題を解くこと全般が
これに当たります。

テストなどで必要なのは、思い出す力
あって覚える力ではないんです。

問題を解くように思い出す練習、すなわち
アウトプットをしなければ、テストなどでは
力を発揮できないのです。

効果があるノートのまとめ方って!

  • 色分けをする
  • 重要な言葉をオレンジペンで書いておくこと
    で赤いシートをかぶせるとオレンジの字が
    消えるのでオリジナル問題集となります。

  • 疑問点を書き出す
  • 先生の話の中で疑問に思った点気づいた
    こと
    をメモし、それをストーリー化すること
    が重要です。

    黒板を丸写しをするのではなく、自分の言葉
    でストーリー化することでより理解が深まり
    ます。

  • ルーズリーフを使い、1テーマ見開き
    1ページを使う
  • ルーズリーフを使うことによって、情報の
    追加や削除が容易に出来たり、理解出来たら
    取り除いて自分だけの教科書を作れます。

    ノートを取る際は、見開き1ページ
    1テーマを基準として、見出しが変わるとき
    には、常に左ページから書き始めます。

  • 誰かに説明するつもりで書く
  • 分かっていない人に説明するには、まず、
    自分が分かっていないと出来ません。

    どうしたら分かりやすく説明できるだろうか
    という第三者の視点を持つことで、授業の
    カギとなる部分を見極める事ができます。

    ノートを取るということは、黒板の内容を
    丸写しをすることではなく、先生の話を
    理解するということです。

さいごに

子供に、このノートのまとめ方を伝えて、
実際にやってもらいました。

実行した感想を聞いてみたら、
「以前と比べると断然勉強がはかどる」
と言ってくれました。

まだまだ、結果は出ませんが、少し間
を見守ってみようかと思います。

継続して結果が残せると信じてあげることが
親の役目でしょうかね!


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ