スポンサーリンク

就職活動の面接後はどうする?メールでお礼をするポイント!

ご近所さんと世間話をしていた時の
話です。

ご近所さんの息子さんは、
就職活動の真っ最中で、
先日も、面接を受けてきたそうです。

帰宅してから、暗い顔をしていて、
何かを悩んでいます

ご近所さんが心配で、
暗い顔の理由を聞くと、

面接後の
お礼をメールで送った方がいいのか、
悩んでいたようです。

採用を頂いてからは、
お礼の手紙を出しますが、

面接を受けた後お礼のメールは、
送った方が良いのでしょうか?


スポンサーリンク


面接後のお礼のメールは送った方がいい?

面接を受けた後の、お礼のメールは
送った方がいいです。

採用に有利になるとは限りませんが、
採用担当の方に印象を与えることは
できます。

大企業で、面接を受けた人数が多い場合は、
メールが沢山届いたら、

迷惑になってしまうかも
と、悩んでしまいますね。

しかし、お礼のメールを貰って、
気を悪くされる方は、殆んどいません

その時は、お礼のメールにも
少し気配りを入れて、

「メールを最後まで読んでいただき、
 ありがとうございます。」

「こちらのメールに
  返信は不要でございます。」

などの文章を最後に
付け加えるようにします。

面接後のお礼のメールを送り、
自分の熱意をアピールしましょう。

お礼のメールの書き方のポイント

お礼のメールは、面接の感謝と
入社意欲を、面接後すぐに担当者に
アピールする良い機会になります。

この機会に、担当者に好印象
与えましょう。

お礼のメールは、どのようなことに
注意して、書くといいのでしょうか?

  • 自分の大学、学科、名前をきちんと書く
     (専攻科もある場合は書く)
  • 企業名、担当者はフルネームで書く
      (○○会社  ○○○ ○○○様)
  •  この時に、会社名省略せずに書きます。
     (株)→株式会社  (有)→有限会社

  • 文章は短く、わかりやすい内容にまとめる

      文章は1行が25文字から30文字で、
      3行から4行ごとに改行すると
      見やすい文章になります。

  • 拝啓、敬具は使用しない
  • 件名は一目でわかるように、簡潔に書く
  • フリーメール使わない

     学校から配布されているアドレス
     ある場合は、そちらを使うことを
     おすすめします。

お礼のメールの内容としては、

まず、お忙しい中に時間を割いて
いただいたことに対する
お礼の言葉を書きましょう。

次に、面接で印象に残っていることを、
自分の思いをいれて自己アピールをします。

また、職場への入社意欲も書き添えます。

面接のお礼のメールは、面接を受けた日
送ることで、強い印象を与えることが
できます。

相手側に、面接の印象が残っている
その日のうちに、お礼のメールは
送るようにしましょう。

誤字、脱字があるメールを送ってしまうと、
逆に、相手に悪い印象を与えてしまいます。

送る前に、送信先が間違っていないか、
誤字、脱字がないかを必ず確認しましょう。

時間に余裕があるようだったら、
自分以外の家族や友人に確認してもらうと、
ミスも少なくなります。

面接後のお礼の参考文例

面接後のお礼をメールで送る際の
参考文例です。

件名:面接のお礼

◇◇◇株式会社
人事部 ◇◇課
採用担当 ○○○ ○○様

■■■大学■■■学部■■学科■■専攻の●●● ●●と申します。

本日はお忙しい中、面接の機会をいただき、誠にありがとうございました。
面接当時は大変緊張していましたが、短い時間の中で、自分をありのままにお伝えすることができたと思っています。
今回の面談を通じて、改めて貴社の社員として働きたいという思いが一層強くなりました。
是非とも良い連絡がいただけますよう祈っております。
末筆ながら、ご面談のお礼を申し上げますと共に、貴社のご発展と社員皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

■■■大学■■■学部■■学科■■専攻
●●● ●●
メールアドレス:********@****
自宅住所:□□□□-□□□
 △△△県△△△市△△△町△△△1-2-3 △△アパート101号
自宅電話番号:□□□-□□□-□□□□

まとめ

面接後のお礼のメールは、
会社側に好印象を与えるチャンスと思い、
送るようにしましょう

お礼のメールを送ることによって、
採用されてから、会社で働く際にも
好印象になります。

新社会人になって、心地よく
スタートするためにも、

面接後のお礼のメールを送り、
好印象の、新社会人になりましょう


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ