スポンサーリンク

小学校の運動会の種目でユニークな物は?この競技なら親子で参加できる!

娘の小学校では、運動会
間近に迫っています。

夫「そろそろ運動会が近くなってきたね。

  今年も親子参加してくださいって、
  手紙が学校から来たよ。」

私「お父さんたら、
  毎年大張り切りなんだから。」

4004280727_0dcae5172d_b-300x199

主人は毎年、運動会に合わせて
休暇を取るほど運動会を、
楽しみにしています。

夫「今年のプログラムは、
 どんなものがあるのかな?」

私「去年と同じように、
  親子で参加できる競技があるみたいよ。
  そういえば、友人のAの子供が通っている小学校には
  面白い種目が有るみたいよ!」

そう言うと、夫も友人から聞いた
面白い運動会の種目があると話し始めました。

その話の中で、話題になった親子で参加できる
ユニークな物を紹介します。


スポンサーリンク





運動会のユニークな親子競技


  • 親子大玉ころがし

  • 親子でペアになり大玉を前に前にころがして、
    コーンを回ってゴールインする競技です。

    二人のがぴったり合わないと、
    玉が勝手に転がっていってしまいます。

    大玉より子供が前に行ってしまうこともあり、
    見た目よりずっと難しくハードな競技です。

  • 棒運び

  • 太い棒を親子で持ち、コーンを回って
    戻ってくるリレーです。

    内側で親が踏ん張りしっかり棒を持たないと、
    うまくコーンを回ることができません。

    親子の協力が勝敗を決めます。

  • デカパン親子リレー

  • 大きなパンツに片足ずつ親と子が入り、
    一緒に息を合わせて走ります。

    途中でパンツが脱げたりして、
    会場は大爆笑に。

    とっても楽しい競技です。

  • 樽ころがしリレー

  • 漬物樽で転がしながら、
    ゴールを目指す競技です。

    樽はあっちへころころこっちへころころ、
    なかなかまっすぐ転がってくれません。

    樽を追いかけるお父さんの真剣な姿が、
    会場の笑いを誘います。

  • ゴミ拾い競争

  • 親子ペアになり、
    グランド内にまかれたゴミを拾います。

    時間内にゴミを一番たくさん拾った親子が、
    勝ちです。

    親子がいかに協力しあうかが
    ゲームのポイントです。

  • 親子パン食い競争

  • ロープにぶら下がったパンを目指して、
    親子で仲良く走ります。

    ふだんスキンシップ不足な親子も、
    この日は仲良く手をつないでゴールイン。

    低学年なら子供を背中に乗せて走るのも、
    楽しそうですね。

まとめ


n1307151260-600x399-300x199
親子競技の目標は勝ち負けではありません。

頑張っていい成績を出すことではなく、
親子で協力することにあります。

忙しくて一緒にいる時間がとれないお父さんも、
この日は子供と十分にスキンシップが楽しめます。

うちのお父さんも張り切って。
親子大玉ころがしと、
パン食い競争に参加しました。

親子でがんばって、両方ともみごと
一等賞でゴールしました。

楽しい思い出になる一日でした。



スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ