スポンサーリンク

孫と子供はどっちが可愛い? 可愛さの違いとは?

久しぶりに両親に会った時、
私の子供にたくさんお菓子や
おもちゃを買ってくれました。

他には、一緒にお風呂に入ったり
遊んでくれます。

そんな両親に孫の世話は大変か聞くと
「大変じゃないよ。孫は可愛いよ。」

「そして自分の子供は
大人にになっても可愛い」と
言ってくれたのです。

親にとって子供では
可愛さが違うと言う人が多いです。

また、同じ孫でも娘の子供
息子の子供でも違うと言います。

子供と孫の違いや、孫でも娘の子供と
息子の子供の違いを調べてみました。


スポンサーリンク


孫と子供の可愛さの違いとは

孫も子供も親にとっては違いはなく
可愛いと思います。

でも、親は孫に対してなんでもしてあげたい
という気持ちがあるのかもしれません。

私が子供の頃には、おじいちゃんが
お寿司を食べに連れて行ってくれたり、
お小遣いをくれたのを思い出します。

私に子供が生まれてから父は、
孫にお小遣いをくれたり
どこかに連れて行ってくれるようになりました。

一方子供に対しては、
子育てで精一杯でしたし、
初めてのことばかりだったので

慣れないことや不安に思うことが
あったと言います。

そして子育てにひと段落した今、
慣れている分、孫の育て方に関して
違う視点で見ることができるのです。

この辺りに、子供と孫の違いが
有るのかもしれないですね。

自分の子供は何十年も一緒にいるので
過ごした日数や思入れが大きいです。

子供の場合、責任があることや
心配な気持ちがあるので
可愛いだけではすみません。

我が子の幸せを願ったり、
守らなければならないという
気持ちがあるのです。

しかし、そんなことがあっても
お腹を痛めて産んだ子供だから
可愛いと思うのかもしれません。

一方、孫の場合は責任
負う必要がないので、一層可愛い
思うのかもしれません。

可愛い我が子が生んだ子なら
もちろん孫も可愛いですよね。

子供は孫と比べ物にならないくらい
可愛いというのです。

可愛いという点では違いは無いようですが
気持ち的には、全然違う物と言えそうです。

娘の子供と息子の子供はどちらも可愛い?

息子と娘がいる家庭では、
同じ孫でも感情に違いがあるかもしれません。

私の友達は夫の両親と
同居をしていて
たまに妹家族が家に遊びに来ます。

その時、義理の両親は友達の子供も
義妹の子供も
一緒に遊んでくれるのですが、

義妹の子には新しい洋服
買ってくれるのに友達は、お金
渡されるだけだったと言います。

そんな義理両親を見て自分の娘の子供方を
可愛がっているように
見えたと言っていたのです。

娘の子供の方が可愛い?

娘の子供と息子の子供は
どちらが可愛いかということに
様々な意見がありました。

娘の子供だと子育てに
口出ししたり、おもちゃを
買ってあげやすいというのです。

また、娘の場合、結婚して妻になり
妊娠して母親になるといった
母親と同じポジションになりますし、

妊娠中から出産、育児などを
サポートし、一緒になって喜びを
分かち合うことができますからね。

この点は、息子の場合と違いが有ると言えそうです。

しかし、息子(嫁)の子供になると
お嫁さんの子育てに対して
口出しはできませんし、

趣味が合わないこともあるので
洋服やおもちゃなどを何でも
買ってあげづらいようです。

息子の子供でもお嫁さんの子なので
会いたくても嫁に嫌がられそうで
会いに行きづらいのと

嫁に対して気を遣ってしまう
こともありますからね。

どちらの孫も可愛いですが、
娘の子供の方が一緒にいて楽しいですし、

娘に対しては気を使わないという
辺りが違いですね。

どちらも無条件に可愛い

他にあった意見としては
どちらも違いはなく、孫は無条件に
可愛いという意見です。。

特に初孫が一番可愛いです。

初孫は誰もが喜んでくれます。
何でも買い与えてあげたいですし、
とにかく可愛いと言われます。

自分の娘の子供はもちろんの事、
嫁の子供でも初孫なら
とても可愛がってくれます。

そして特別な思いがあるので初孫は
一番可愛いのではないでしょうか。

自分の娘に子供が生まれたら可愛さの順位
変わることもありますが、初孫はいつでも
特別なのだと思います。

まとめ

私の両親も私のことは
いまでも心配してくれますし
大切な存在で、

孫は自分の娘の子なので
特別可愛いと言っていました。

私と母は服の趣味も似ているので
子供服を買ってくれる時は
母にお任せしています。

子供も私の両親のことが大好きなので
会うと嬉しそうにしています。

子供と孫の可愛いの感情は
少し違いますが、
愛されているというのは同じですね。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ