スポンサーリンク

学生が留学する6つのメリット!デメリットと比較すると?

私の姪っ子が
「大学の友達が留学するって
私も興味はあるけどわざわざ高いお金を出してまで
海外にいって勉強しなくてもいいのかな?」

行かなくっても十分やっていけそうな気もするけど
興味がある・・・・って悩んでいます。

私も興味があったものの英語苦手意識が強く
いけませんでした。

なので姪っ子に
「行ってみてもいいんじゃない。」
なんて無責任なことをいってしまいました。

でも実際、留学がどうしていいのか知りません
英語力は上がるとは思いますが
それ以外になにかあるの?

かわいい姪っ子のためきちんと
知っておかないとっと思い調べました。


スポンサーリンク


学生留学するメリット

留学を考えるにあたって知っておきたいことが
やはりそのメリットですよね。

そこで6つのメリットを紹介します。

コミニケーション力がつく

英語力がつくのはもちろん
コミニケーション力もつきます

日本では会話を意識するとなぜか
会話が続かず苦手意識を持つ人も

英語をたくさんは話したいっと
会話をするようになります。

すると知らず知らずにコミニケーション力がつき
人と話をするのが楽しくなります。

行動力がつく

海外での生活は、知らないことだらけ。

自分で買い物に行く。
自分で切符を買う。
自分で注文をする。
自分でいろんな人と話さなければいけない。

どれをとっても未知なるもの。
でも、行動しなければ始めりません。

つらいこともあります、
トラブルもありますが、

自分で解決したことで自信がつき
いい経験になります。

 

いろんな価値観をもった人と出会う

海外に行くといろんな人と出会います。
日本では当たり前だと思っていることが
当たり前ではなかったりします。

洗濯物を外に干してはいけなかったり
兄弟が20人もいたり、
ベジタリアンでお肉を食べたことがなかったり

いろんな国のいろんな文化・価値観が見えてきます。
自分が常識でも、ひとから見たらビックリなんてこと
当たり前です。

「こういうこともあるんだ」
寛容になります。

 

世界の見方がかわる

世界の見方が変わるかっと言うと
そうでもないのかもしれませんが、

留学先の国の事をもっとしりたくなります。

そこのニュースやお天気予報なんかを
毎日チェックしなにかしら
日本との違いを見てしまいます。

留学先だけでなくそこで知り合った人の国に
ついっても知りたくなったりして
世界をより広く知るようになります。

日本についての改めて考えるようになる

海外に行くと日本の事を
いろいろ尋ねられることが多くあります。
日本を興味をもってくれるのは嬉しいですが

結構突っ込んだことを聞かれ答えられないことも。
もっと調べておけばよっかたって思います。

聞かれた答えを調べたりして日本のことを
新たに知る機会になります。

やればできると実感できる

生活すべてが新しいこと。
言語も新しい生活習慣も慣れるまで大変です。

その中でまた勉強もしなければいけない事も
もっと大変です

でも、そんな中でもいろんな人と出会い
仲間になっていきます。

刺激し合える仲間と切磋琢磨しながら
いろんなことを乗り越えていく事は
自分にとって何事にもかえがたい経験です。

そんな経験で「やればできる」という

自信を手に入れることができます。
自分を大きく成長させてくれます。

デメリットもあります。

留学について悩んでいる方は
デメリットも理解する事も大切です。

 

  • 劣等感におそわれる。

乗り越えられないことも多々あります。
そのことで落ち込み劣等感を持つことも。

ただいいことばかりを夢見てはだめです。
試練を知りそれさえも楽しむ事も必要です。

 

  • お金がかかる

やはり留学するのにはお金がかかります。
留学してからも生活費がいります。

学生だと仕事ができない国がたくさんあります。
日本で用意した資金
生活もしなければいけません。

 

  • 就職活動が難しい

卒業時期が異なるところもあり、
留学生の就職情報は少ないです。
日本の大学生と同じような就職活動はできますん。

現地で就職といってもそれも難しいです。
ビザの手続きなどで余計なコストがかかるため

同じ能力の現地の大学生と比べられ
言語能力も劣る留学生は不利です。

 

まとめ

留学はたくさんの魅力ががあり
自分を成長させてくれる場所です。

しかし、自分の人生を決める大切なこと。
メリット・デメリットを理解した上で考えてください。

 

さて私の姪っ子はどうするでしょうか?
行くとなるとさびしいですが
応援してあげるつもりです。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ