スポンサーリンク

子供のスイミングにはどんな効果が有る?意外と良いかも!

ある日の夜に「海難救助」の現場を
テレビで放送していました。

その、放送を見ていた息子が
すっくと立ちあがり

「お父さん!僕、水泳習いたい!
 そして海上保安庁に入って、人を
 助けたい!」

068108

と言いました!

おそらくは、人命救助する人が
かっこ良かったので、そういったのだと思います。

まぁ、小学生ですからね、しかも低学年。
ある種の熱病的な事が有るのでしょうが
やりたい事が有るのは良い事です。

スイミングなら、何となく良い事も
多い様に思います


ただ、本当に良い事が有るのか?
という疑問もあります。

そこで、スイミングスクールの先生、
今通っている子供のいる友人などに
色々と聞いてみました。


スポンサーリンク




こんなに良い事がある?

まずは、専門家であるスイミングスクールの
先生に聞きました


というのも、友人にスクールの講師が居るので
食事に誘って、聞いてみた訳です。

そうすると、色々と良い効果を聞けました
ただ、良い事ばかりではないようです。

先に良い事を纏めると、こんな事が有るようです。

196464

  • 体が強くなる
  • 風邪をひき易かった子が、風邪をひきにくくなる
    良く聞くと言ってます。

    それから、基礎体力がつくのか、スポーツ全般
    苦手な事は少なくなると言います。
  • 心肺機能が強くなる
  • これは、お医者さんにも聞いて確かめたのですが
    喘息が酷い子でも、その症状が軽くなると言ってました
    それから、肺活量も増えるそうです。
  • 我慢強くなる
  • 直接では無いにしても、息がしたい時に息がすぐに出来ない
    水中での運動なので、我慢する事を覚えるのか、
    我慢強くなると言われています

    それから、泳ぐようになるまでには、結構な努力も
    必要ですし、泳げる様になると、達成感もあるので
    我慢強く、努力する子が多いと言います。
  • 空間把握能力が身につく
  • 水中は、浮力があって、自分がどの位置にいるのか
    と言う感覚も身につくので、空間の把握能力
    身につくと言われます。

    あと、図形問題等も得意な子が多いと言います。
  • 落ち着いた対応が出来るようになる
  • これは、あくまでも主観の問題だと思うのですが
    騒いでいた子も、だんだんと落ち着いた対応が
    出来るようになる
    と言います。

総じていえば、良い事が多いので、出来るなら
やらせる方が、子供の為にもなると言ってました。

まぁ、確かに、これだけ良い事が有るなら
習わせても良い事の様に思えますね。

あと、消費カロリーも多く、肥満になりにくいと言うのも
1つ良い事らしいです。

ただ、気になる事も教えてくれました
これは、水泳の講師では無く、一友人として
教えてくれたのだと思います。

水泳の講師なら、こんな悪い事もあるとは
言いませんもんね。

水泳のデメリット

普通のプールでは、大勢の子供達が泳ぎます。
ですので、何もしないと雑菌でイッパイ

感染症も怖いですよね。
その対策として、水泳のプールには塩素が
本当にたくさん投入される
んだと言います。

なので、皮膚が薄い子供には、この塩素の
影響が大きく現れる事が多いらしいです。

特に、アトピー性皮膚炎の事かには、十分
気を付けて、プールからあがった後に
塩素を洗い流す事をしないといけないそうです。

その為に、スイミング教室でも、終わった後には
シャワーなどで、よく体を洗う事を
させているそうです


ただ、相手は子供ですので、洗い方が
雑な子も居ます。

なので、肌の調子はよく見る必要が
ある
そうです。

ただ、問題点と言えば、これ位だそうです。
まぁ、これ位と言うのが、人それぞれ
違いますので、これを大事件と取るか
小事ととるかは、親が決める事ですね。

まとめ

うちの子の場合、風邪をひきやすく、気管支も
弱いという事ですので、小児科の先生にも
相談しましたが、水泳をするのは良い事らしいので
通わせる事としました


それに、これから、どんどん将来の夢は
変わってきますが、今やりたいと言っているので
その意見も尊重しようと思います

で、近くのスイミングスクールに行かせ始めましたが
まだ、一ヶ月も経ってないですが、スクールの日を
心待ちにしているようです


先ずは、クロールで25m泳ぐ事を目標に
しているようです。

そのうち、壁にぶち当たって辞めたいと思う時も
有るでしょうが、どうしても泣いて行きたくない
と言うう場合以外は、続けさせようと思います。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ