スポンサーリンク

大学生は一人で食堂が当たり前?!高校生とは違うキャンパスライフ!

大学生になった娘、高校生活からガラリと一変した毎日に、やっと慣れてきた様子。一方で、娘の同い年の友人の中には、就職して社会人として頑張っている人もいます。高校を卒業すると、それぞれの道に進むことを実感せずにはいられませんよね。

とはいえ、学生のうちはまだ甘えが残っているのか、人に頼るとか集団でいないと落ち着かないとか、社会に出てしまえば何でもないことに気を取られることも結構あるんです。初めましての季節は、誰でも不安ですよね。

それでも、何とか娘にも友達ができたようですが、友達が居ない時の昼食は気が滅入ってしまう、と言います。他の学生たちが食堂で友人たちと楽しそうに昼食をとる中で、自分は一人で昼食をとっている姿は、さも哀れに映るのだろう、と考えてしまうんだそう。

食堂で一人で過ごす学生って、そんなに哀れなもの?発想の転換をして、一人でも怖くないキャンパスライフを送る秘訣を調べてみましたよ♪


スポンサードリンク




食堂で一人なのはなぜ困る?

昼食を食堂で一人でとるのは、そんなに嫌な事なのでしょうか?大学生になると、高校生活とは違うことがいくつも出てきます。

高校までは、自分のクラスを拠点にして行動することがほとんどです。しかし、大学には拠点とする教室がありません。選択した授業を受けるために、それぞれの授業の教室へと移動しなければなりません。

その大学に何を学ぶために入学してきたのか、選択する授業は人それぞれです。必修授業であれば、同じ顔触れに会うこともありますが、毎日そうだとは限りませんよね。当然、友達のいない環境の日だってあります。

もし、食堂に一人で居るところを他人に見られたら、友達のいない人、いわゆる「ぼっち」と他人から思われることが苦痛に感じる、と思う人が多いと言われています。食堂とは、大学内の友人関係がはっきりと浮き彫りになりやすい場所なんです。

だからこそ、食堂で一人になることでさらに孤独感を持ってしまう、と言えるんです。

人と同じでなければ不安?!

高校までの集団生活の居心地の良さしか知らない学生は、一人になることを拒絶したくなるんです。元々日本には、同調圧力というものが存在している社会です。他者と一緒でなければいけない、一緒に行動しなければならないことに囚われやすいんです。

まだまだ人生経験の少ない大学生にとって、人とのつながりは自分自身ののようなものになっています。SNSなどの広く浅い友好関係によっても、様々な場面で他人に気遣うことが多くなってきていますよね。

SNS上での友達の数が多ければ多いほど、「ボッチ」であることはなくてはならないんです。一人の食堂は、怖い。他人にどう思われるか、を気にするあまり、食堂で一人でいることも苦痛で仕方なくなってしまうんですね。

大学は個々のスタイルでいい!

近年、食堂に一人で食事をするためのテーブルを設置している大学も増えてきました。テーブルの真ん中には、向かい合わせで座る人の顔が見えないよう仕切り板が設置してあるんです。

時に食堂は、サークルや部活などの団体のメンバーが集まる場所にもなっています。大きな団体に席が占領されると、一人で居づらくなるものですよね。個人でも使いやすい席が欲しい、という要望から作られた席、とのことなんです。

このような一人用の席ができたことから、学生が一人で食堂に居ることに抵抗がなくなってきた一面もあります。

2016年1月におこなったマイナビ学生の窓口のアンケートでは、大学構内でひとりで食事をしている人のことを「気にしない」と答えた人が、全体の91.5%という結果になったんです。自分だけが気にしているだけで、案外他人は気にしていないんですよね。

一人で行動する自由を得よう!

アンケートでも、どうして一人で食堂に居るのか?との問いに、高校生と大学生の違いが垣間見えました。

  • 元々、一人で食事をするのが好き
  • 個々の授業スケジュールが違うので、一人で食事をするのが当たり前
  • 一人用のテーブルがあるから利用しているだけ
  • 食事ぐらい一人でできないなんて、軽蔑する
  • 自分の予定もあるから、人に合わせていられない
  • 何でもかんでも、人に合わせるのはおかしい

一人で食堂に居ることは、辛いことでも何でもないんですよね。一人で居ることを、周りがかわいそうだと勝手に思っているため、「ぼっち飯」とかいう言葉が出てきたのでしょうが、本人はそうでもないことも多いようですね。

今まで一人になることが怖い人にとっては、食堂を一人で利用することは、かなり高いハードルかもしれません。しかし、大学では一人の大人として扱われることが多くなってきます。いつまでも群れることでだけが最優先になっているなら、何とももったいないことですよね。

まとめ

娘には、一人で食堂でご飯を食べる姿は、かっこいい!と言ってあげたいです。社会に出れば、一人で行動することが当たり前になるし、自分の都合で動いた方が自分が楽になるんだよ、とも言いたいですね。

そして、他人はそれほど気にしていないんですよね。中学・高校の時の方がよっぽど一人でご飯を食べていて辛くなるのではないでしょうか。

高校卒業後は、まだ集団生活が抜け切れていないこともあって、一人で食堂に居ることが切ないのかもしれません。しかし、学年が上がるにつれ個人の選択により、驚くほど友人とスケジュールが合わなくなっていくものです。

臆することなく、個人の自由時間を過ごしてほしい、と娘に言いたいです♪


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ