スポンサーリンク

世界遺産ランキングで人気?日本国内で行ってみたい所とは!

世界遺産と聞くと、最近は日本のものがとっても気になります

以前は海外旅行や輸入品、
外にばかり目が向いて
日本以外のものに興味がありましたが。

年を重ねると原点回帰か。
日本にもたくさん良いものがあることに
気付きました。

さて、気の置けない友人たちと
旅行をしようということになり、
現在、行先を検討中

やはり国内でどこか良い場所はないかと
思っていたら、日本には意外とたくさんの
「世界遺産」があることに気づきました。

せっかくなので世界遺産のどれか見に行こう、
ということになりましたので、
少し調べてみました。


スポンサーリンク


日本にある世界遺産

2016年現在、日本には以下の通り
19か所の世界遺産があります。
(種類・登録年度)

  • 知床(自然遺産・1995年)
  • 平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園
    及び考古学的遺跡群(文化遺産・2011年)
  • 日光の社寺(文化遺産・1999年)
  • 富岡製糸場と絹産業遺産群
    (文化遺産・2014年)
  • 国立西洋美術館本館(ル・コルビュジエの
    建築と都市計画の一部として)
    (文化遺産・2016年)
  • 小笠原諸島(自然遺産・2011年)
  • 富士山-信仰の対象と芸術の源泉
    (文化遺産・2013年)
  • 白川郷・五箇山の合掌造り集落
    (文化遺産・1995年)
  • 古都京都の文化財(文化遺産・1994年)
  • 古都奈良の文化財(文化遺産・1998年)
  • 法隆寺地域の仏教建造物
    (文化遺産・1993年)
  • 紀伊山地の霊場と参詣道(通称:熊野古道)
    (文化遺産・2004年)
  • 姫路城(文化遺産・1993年)
  • 石見銀山遺跡とその文化的景観
    (文化遺産・2007年)
  • 原爆ドーム(文化遺産・1996年)
  • 厳島神社(宮島)(文化遺産・1996年)
  • 明治日本の産業革命遺産
    (文化遺産・1995年)
  • 屋久島(自然遺産・1993年)
  • 琉球王国のグスク及び関連遺産群
    (文化遺産・2000年)

日本に、世界遺産がこんなにたくさんあるとは
知りませんでした。

改めて見ると、北から南まで
とても魅力的な旅先が並びます。

旅行先としても人気がありそうですね。

行って良かった第1位はどこ?

それでは、実際に行ってみるには
どこが良いのでしょうか。

旅行予約サイト「楽天トラベル」が
実際に訪れた人が選んだ世界遺産の
人気ランキング
を発表しています。

参考に見てみましょう。

『本当に行って良かった
 日本の世界遺産ランキング』

1位 古都京都の文化財(京都)

京都市・宇治市、滋賀県大津市の
17か所の寺社
で構成されている
文化遺産です。

京都は8世紀から17世紀の間、
日本の文化的伝統を作り上げる
大きな役割
を果たしました。

日本人のみならず、外国人からも
人気の高い
観光名所です。

2位 厳島神社(宮島)(広島)

宮島は古くから信仰の対象
島の入り江に建てられた「嚴島神社」は、
神殿が海にせり出した珍しい神社です。

現在の社殿は、平安時代末期に
平清盛
が建てたもの。

本社拝殿から約200m沖に立つ大鳥居は、
潮の満ち引きで表情が変わる
厳島の象徴です。

3位 姫路城(兵庫)

400年以上の歴史を持つ
日本を代表する名城

羽柴秀吉が中国征伐の拠点として築いた城を、
関が原の戦の後、城主となった池田輝政が
8年の歳月を費やし、大改築を行いました。

5層7階の天守を持つ城は、
白壁の天守群が空に向かって立ち並び、

その姿がシラサギが羽を広げたような
美しさ
であるため、
「白鷺城」の愛称でも親しまれています。

4位 知床(北海道)

オホーツク海に突き出た北海道東部の半島で、
独特な生態系を築いています。

奇跡的に大自然が残されている
日本最後の秘境ともいわれる「知床」。

知床半島とその沿岸海域が
世界自然遺産に登録されています。

5位 白川郷・五箇山の合掌造り集落(岐阜、富山)

岐阜県の白川郷と富山県の五箇山にある
合掌造り家屋の集落群です。

豪雪に耐え、養蚕を行うための工夫が
施された独特な特徴
を持っています。

集落の景観が評価され、
世界文化遺産に登録
されました。

さいごに

どれも興味をそそられる旅先です。

この中から、今回は
白川郷を訪ねてみようと思います。

たくさんの茅葺き屋根が織りなす風景は、
まさに「ふるさと」のイメージです。

日本の魅力を再確認する意味でも
世界遺産を調べてみたことは
有意義でした。

ステキな風景に
癒されてきたい
と思います。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ