スポンサーリンク

フルートって値段はいくらが初心者として妥当なの?

テレビドラマの影響で、フルート奏者に
強い憧れを抱きました。

私も、きちんとフルートを吹いて皆に、
披露したいと思いました。

まず、フルートを購入して、音楽教室に
通うことになります。

フルートを初心者が、買うなら値段は、
いくらの物が妥当なのか?

知り合いに、楽器に詳しい方がいるので、
聞いてみました。

それは、以下の通りです。


スポンサードリンク




購入時のポイント

選ぶときのポイントは、次の点に
気を付けます。

  • 出来るだけ国内メーカーの物にする。
  • 大型店で、なるべく多くの楽器を試奏する。
  • プロのアドバイスを鵜呑みにしない。
  • 以上です。
    それでは、詳しく説明していきます。

    1つ目の、出来るだけ国内メーカーの楽器に
    すると良い理由は、単純に、質の問題です。

    単に、音が出るだけで良いのであれば、
    別ですが、そうでなければ、国内メーカーを
    選ぶべきです。

    海外メーカーの物は、粗悪品の確率が
    多いです。玩具並の物まであります。

    2つ目の、大型店に行って、なるべく多くの
    楽器を試奏する理由ですが、これは、
    楽器の感触を実際に感じられるためです。

    車を買うときにも、試乗するように、
    楽器も、自分に合った楽器を選ぶためです。

    もし、まだ、吹くことが出来なければ、
    まず、音楽教室等で先生を探すことを
    お勧めします。

    そして、大抵の先生は、楽器選びを
    協力してくださいます。

    3つ目の、プロのアドバイスを鵜呑みにしない理由
    は、個人的要素が含まれているためです。

    ですので、1つの意見として捉える
    事も大事です。

    以上の点を念頭に、楽器選びをします。

    どのような楽器を選べば良いか?

    フルートの価格も、幅広くあります。
    初めからお店の方が、勧めてくる高価な
    楽器でなくても、大丈夫です。

    もしも、高価な楽器を購入してしまい、
    途中で挫折してしまったら、とても
    後悔します。

    そのようなことも、考慮して、楽器選びを
    をすると、エントリーモデル(スタンダード)
    をお勧めします。

    このクラスの価格は、8〜15万円程度が、
    相場です。

    メーカーですが、メーカーによって、
    特色のある音がします。

    是非、実際に吹いて、音の確認や吹きやすさ
    等を確認することをお勧めします。

    次に、一般的に言われている、メーカーの
    特色を挙げていきます。

    ヤマハ:どちらかと言えば、明るい音色で、
        音量は、中程度です。

    ムラマツ:深みのある音色で、音量は、
         しっかりとした音です。

    パール:どちらかと言えば、落ち着いた
    優しい音色
    で、音量は、中程度です。

    ミヤザワ:どちらかと言えば、明るくて
    やさしい音色
    で、音量は、中程度です。

    アルタス:しっかりとした艶のある音色で、
    音量は、少し出しづらいです。

    以上、初心者が、購入するのに適している
    価格は、10万円程度のエントリーモデルの
    国内メーカー
    の楽器と考えます。

    まとめ

    最後に、知人がくれたアドバイスは、
    次の言葉でした。

    初めは、エントリーモデルから始めて、
    フルート奏者として上達したら、高価な
    楽器
    を手にすれば良い。

    10万円程度だとしても、安くない買い物
    です。

    しっかり、練習をしてフルート奏者として
    力量を上げることが大事だと!


    スポンサーリンク


    あわせて読みたい関連記事

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ