スポンサーリンク

ビールは糖質ゼロでも太る!その意外な落とし穴とは?

今年は暑くなる時期がとても早いですね!
常に半袖で平気な日々が続いていますが
そんな暑い日には、やっぱりビール!

しかしビールは
糖質・カロリーともに高く
ダイエット中は最も控えるべき

アルコールって聞いたことある…と
気になっている方もいるのでは?

最近はダイエットが
浸透してきたこともあり

様々な種類の糖質ゼロビール
発売されていますよね。

513274

健康志向の人が増えてきていて
カロリーゼロ、糖質ゼロ、プリン体ゼロ
などのキャッチコピーが目立ちます。

それでは最も気になる
「糖質ゼロビールなら飲んでも太らない?」
という疑問点についてご説明します。


スポンサーリンク


ビールの糖質ゼロの落とし穴

ダイエット中は、もちろん通常の
ビールよりも糖質ゼロのビールを
飲むほうがいいと思います。

ですが、糖質ゼロのビールを
飲んでいるからと言って、
太らないという訳ではありません

その理由として挙げられる
原因は3つあります。

制限せずにたくさん飲んでいる

糖質ゼロ、アルコールゼロ!
カロリーゼロなどのビールにしても、
大量に飲んでいては意味がありません。

そもそもアルコールの大量摂取は
太る以外にも、身体にも悪影響です。

350ml缶なら1日1-2本までに
抑えて飲みすぎないように
気をつけましょうね。

糖質ゼロの表記はなんと糖質ゼロではない

栄養表示基準により
100mlあたり糖質が0.5g以下の
場合は糖質ゼロと表記しても良い
」と

されている決まりがあるのです。
なので、糖質ゼロ表記だからといって
糖質が完全にゼロというわけではなく

これは同様に、カロリーも100mlあたり
5kcal未満ならゼロ表記しても良いと
いう決まりもあるので注意が必要です。

他にも栄養表示基準では
「ゼロ」「0」「無」「ノン」「フリー」と
表示できる基準を設けています。

アルコール度数は栄養表示の対象外です。

■栄養成分表示
「ゼロ」「0」「無」「ノン」「フリー」と
表示できる基準(100g/100ml当たり)

  • 熱量(kcal)……………5kcal未満
  • たんぱく質(g)……………0.5g未満
  • 脂質(g)………………0.5g未満
  • 炭水化物(g)…………0.5g未満
  • 糖質(g)………………0.5g未満
  • 糖類(g)………………0.5g未満
  • ナトリウム(mg)……5mg未満
  • コレステロール(mg)……5mg未満
  • 飽和脂肪酸(g)………0.1g未満

これを間違って認識し
「糖質ゼロだから大丈夫!」と思って
グビグビ飲んでいると、いつの間にか

大量に摂取をしてしまっていた
なんてことになりかねませんから注意を!

アルコール度数にも気を付けよう

色々な種類があるけど、糖質ゼロの
ビールならどれを飲んでも同じ
!」
というわけではありません。

そこで注目するべきなのが
アルコールの度数です。

アルコールはそのまま
カロリーに反映されてしまいます。

アルコール度数の低い商品を
選ぶことで、カロリーも同様
抑えることができるのです。

なので、わざわざ糖質ゼロのビールを
選んでるわけですから

なるべくアルコールが1%でも
低いビールを選ぶことをおすすめします。

太らないわけではないということ

糖質は中ジョッキ1杯(500ml)だと15gです。
それに対し、糖質ゼロビールだと
糖質はおよそ5gになります。

それをご飯に置き換えると
お寿司1貫(30g)が糖質10gになります。

ちなみに一般の人が1日に摂る
糖質の量は250~300g程度です

25dac3f8c4b3767e19d8f1324301e785_s

結果、糖質ゼロビールは太らない!
ではなく、太りにくい
と考える
ほうが良いですね。

また、気にせずたくさん飲んでしまうと
太らないどころか、糖質ゼロのビールを
飲んでいる意味さえないということです。

更に、ビールを飲む時は
ビールのみをグビグビ飲むわけではなく
お料理やおつまみも一緒に食べますね。

つまり、糖質ゼロでもお酒が進み
アルコール分のカロリーが増えれば

消費されるカロリー分は
どんどん蓄積されていってしまいます。

美味しいビールと上手に付き合って
身体の健康と
向き合っていきたいものですね♪

さいごに

アルコールには、カロリーゼロ
糖質ゼロの表記以外にも
太りやすい原因になる点があります。

それは、食欲を増進させること
そして、気が緩みやすくなること
この2点です。

こればかりは意識の問題なので

おつまみも揚げ物の高カロリーの
ものよりも、枝豆や冷奴など
低カロリーのものを選ぶと良いですね。

気が緩むと
「あと一杯だけ!」が何杯も
続き結局何杯飲んだ?という

状況になりかねませんよね。
適度にとどめて
注意しながらお酒を楽しみましょう!


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ