スポンサーリンク

パソコンを処分したい!データ消去の方法はどうすれば?

パソコン、1家に1台どころか
最近では、1人1台になりましたね。

それだけ、パソコンの需要が高まっている
現代ですが、処分する時は、どうして
いますか?

  • 壊れてうんともすんとも言わないから
  • フォルダーを削除しておいたから
  • リカバリーで工場出荷状態にしたから

だから、不要品回収業者に依頼して
廃棄してもらいますか?

これ、ちょっとというかかなり危険です。

「うちの周りに無料回収の車が回ってくる
けど、そういうところってデータ処分とか
大丈夫なのかな?」

この間、パソコンを処分したい知人が
そんなことを言っていましたが、全力で
止めました。

今回は、知らないと危険!パソコン処分の
時に、やっておかなければならない
データ処分の正しい方法
をご紹介します。


スポンサーリンク


パソコンデータはとっても面倒

まず、第一に、パソコンというのは
精密機器であり、データの保持力
すさまじいです。

一度、作られたデータというのは、HDD内
保存され、幾重にも書き込みされて
大切に保存され、管理されます。

お分かりでしょうか?

そのため、パソコンのデータというのは
かなり特殊で、面倒くさい構造をしていて
そう簡単には、データ消去されません。

最初のほうで言っていた、フォルダー削除
リカバリーは、パソコンの画面から消えても
奥のほうにはきちんと残っています。

なので、これらの方法でデータ消去した
つもりになっていると、個人情報
流出してしまい、大変危険です。

なので、パソコンデータの消去というのは
徹底して、行わなければなりません。

安全に、確実に消去する方法を
ご紹介しましょう。

専用ソフトで確実に消去しよう

最も簡単な方法で初心者にもできる
方法というのが、消去専用のソフトを
使って、データを抹消する方法です。

フォーマットなどでは、不完全でも
専用ソフトなら完全に確実に
消去できるのはなぜか?

それは、そのデータを消去している
のではなく、まったく異なるデータ
上書き保存しているからです。

つまり、元のデータは原形をとどめない
ということで、実質、データは削除された
ことになるのです。

と、いうことは、そのデータはもう二度と
元には戻りませんので、データの持つ情報
未練がある場合は、USB等にコピーをどうぞ。

必要なデータを採取したら、後はデータを
購入した、専用ソフトで消去します。

使いやすいソフト(CD-ROM)

AOSテクノロジーズのターミネーターシリーズ
もしくは、ジャングルの完全抹消シリーズ
ものが、一括での消去に向いています。

両メーカー共にHDDを指定し、データを
丸ごと消去しますので、取りこぼしがなく
安心で、価格も5,000円前後と良心的です。

基本的にCD-ROMを起動し、インストールなしで
消去ができますが、ノートの場合は専用USB
作って起動します。

CD-ROM使用ですので、故障パソコンのデータも
消去が可能ですから、溜めていたものがある
場合、これらソフトで一掃おすすめです。

特定ファイルだけを消去したい場合は
ジャングルの完全ファイル抹消16などを
使うと、指定ファイルのみ消去が可能です。

今のパソコンを使いつつ、必要なくなった
ファイルを消去する時に、役立ちます。

価格は3,000円くらいですので、日常的に
使うのに、ちょうどいいでしょうね。

おすすめソフト(インストール)

サイトからインストールするものなら
無料ソフトの「DESTROY」、などが
おすすめでしょうか?

これは、インストールして保存し
CD-ROMに焼きます。

機能がないものに関しては、外付け
HDDなどを使いましょう。

焼きあがったら、パソコンを再起動
起動させる時のHDDを、メーカーの
ロゴ画面で選択しましょう。

これは各メーカーで、押すキー
違いますので、詳しくは取説
見て、確認しましょう。

そこからは、いろいろと手順
ありますので、書いて説明するのは
ちょっと、難しいです。

これについて、動画を見つけて
きましたので、一緒にお勉強しましょう。

この方は、ダウンロードのところから
順番にやってくれています。

詳しい手順なんかも私などより
ずっと、わかりやすく説明して
くれてますので参考にしてみてください。

それでも不安な時は専門業者に

自分で操作して消去しても、不安な時は
業者に依頼してしまいましょう。

パソコンショップへの持ち込み、とかでも
やってくれるところは、目の前で消去と
HDDの破壊をしてくれます。

これなら、心配はなにもないですね。

HDDが粉砕されてしまっては、いかに
特殊な復元ソフトがあっても、修復は
不可能です。

費用は、ピンキリで500円から5,000円と
言ったところですので、色々なショップ
検討してみましょう。

また、宅配サービスで処分をしてくれる
業者も、最近は消去証明書を発行して
くれるところもあります。

なので、宅配は不安という場合も、業者に
よりけりなので、きちんとしたところを
選ぶことが大切です。

見極めていきましょう。

さいごに

時たま、HDDを自分でハンマーやドリル等で
破壊すれば安心、というサイトがありますが
危険ですので、やめましょう

最近のHDDは、ガラスでできている場合が多く
破片が飛び散って、目に入りでもすれば
場合で、大怪我をします。

専用のソフトを使うか、専門の業者
任せることを私はおすすめします。

自分でやっちゃえば、安くはつきますけどね。

機械が苦手とかいう人で、やむを得ない時は
業者を頼るのが、賢いかと思います。

専用ソフト、なんだったっけ?」

知人には、専用ソフトをおすすめし、社名と
シリーズ名を紹介しておきました。

これで、データを消去した知人は念のため
専門のショップで、データが消えているのを
確認して、廃棄してもらったそうです。

パソコン処分の際は、データの完全な消去
お忘れなく、お願いします。

もしもがあってからでは、遅いですので
ここは抜かりないようにしておきましょう。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ