スポンサーリンク

バナナの栄養素!妊娠中に摂りたい理由と食べ方!

私の妹が先月おめでたの報告を
してくれました。うれしいのと
同時につわりのしんどさもあり、

毎日の食生活に困っている様子。
妹は初めての妊娠で、三児の母である
私にアドバイスを求めてきました。

空腹だと余計に気持ち悪く、
かといって食べると嘔吐
悪循環なのだそう。

つわりにあまり苦労しなかった私ですが、
産婦人科の病院で仲良くなった友人は
相当つわりで苦しそうでした。

「嗜好がつわりで変わったけど、
バナナは結構いけるの。

バナナって妊婦に必要な栄養素
バランスよく含んでるんだって。」

と彼女に聞かされた記憶が
よみがえってきました。

そこで妹にアドバイスするべく、
妊婦さん目線で見たバナナの
栄養素
について調べてみました。


スポンサーリンク


バナナの栄養素

さっそくバナナにある妊娠中に
摂りたい栄養素を一つずつ見て
いきます。

  • ビタミンB6
  • 2015年度の厚生労働省が勧める
    摂取量として妊娠中のビタミンB6
    一日あたり1.4mg。

    バナナは1本あたり0.38mg。
    一日の摂取量のうち約3割をカバー
    できる計算です。

    ビタミンB6は、皮膚や粘膜を丈夫に
    する働きがあるようで、

    つわりで吐きやすくなっている
    消化器系の粘膜を保護する作用
    あるのではとも考えられています。

    つわりの原因やビタミンB6が
    つわりを緩和させる理由はまだ
    はっきりとは解明されていません。

    が、つわりが酷い場合に病院へ
    行くと、ビタミンB6入りの点滴
    を受けることから、

    ビタミンB6はつわり症状のある
    妊婦さんには摂りたい栄養素と
    言えるでしょう。

  • カリウム
  • 妊娠中に悩まされる「むくみ」。

    赤ちゃんが大きくなると、栄養を
    送り届ける血液量も増え、体の中の
    水分量も増えます。

    そこに塩分を多く摂取すると、体内
    で塩分をちょうど良い濃度に
    薄めようと更に水分を体が求めます。

    しょっぱいものを食べた後に、
    喉が乾くのと同じですね。

    つまりむくみ防止には、過剰な塩分の
    排出
    が大切です。

    カリウムは厄介な塩分に含まれる
    ナトリウムを、体の外へ出す効果が
    あるようです。

    バナナにはそのカリウムが
    1本あたり360mg含まれています。

  • マグネシウム
  • 1本に32mgのマグネシウム
    含むバナナ。

    マグネシウムには高血圧防止
    ストレス緩和などの作用が
    あるようです。

    高血圧が心配だったり、ストレスを
    抱えた妊婦さんには嬉しい栄養素
    となります。

    妊娠中や産後に備えカルシウムを
    沢山摂って、骨を丈夫にね!と
    年配の方に言われることも。

    骨の形成には、カルシウムと
    マグネシウムとのバランス比
    大切です。

    2:1の割合が丁度よいバランスで、
    カルシウムのみの過剰摂取は、

    かえって骨が上手く育たない
    考えられているようです。

    この点でもマグネシウムを含む
    バナナは優秀ですね。

  • 葉酸
  • 厚生労働省が推奨する葉酸の一日
    あたりの摂取量は、

    • 妊娠初期から中期で0.4mg
    • 5か月以降から10ヶ月0.24mg

    となっています。
    葉酸は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害
    のリスクを下げる効果があります。

    野菜に含まれる葉酸は熱に弱く
    加熱処理した野菜を多く食べても、

    体で使える栄養素としては約5割程度
    のようです。

    加熱処理せずに口にすることが出来る
    バナナは、栄養を壊さずに取り込める
    点が嬉しいですね。

  • 食物繊維
  • 便秘に悩む妊婦さんは多いです。

    ホルモンの影響や、お腹が大きくなると
    便が詰りやすくなるなどの理由が
    あるようです。

    お通じをよくする食物繊維が、
    バナナ1本あたり1.1g含まれます。

バナナの摂り方量

バナナの摂取量

私が妊娠中、体重増加が過ぎると
産婦人科で「カロリー制限」
のはんこが母子手帳におされ、

お医者様からきついお叱りを受けた
苦い記憶があります。

妊娠中のカロリー管理も気になります。
バナナ1本のカロリーは、約87キロ。

オーバーな体重増加や、妊娠糖尿病を
防ぐためにも、一日一本ぐらいを目安に
摂るのがよいでしょう。

バナナの食べ方

バナナの栄養素と摂取量の目安が
分かったところで、手軽に取れる
バナナレシピをご紹介します。

  • 冷凍バナナ
    1. 一口大に切ったバナナに、
      爪楊枝を一本ずつさす
    2. 一切れずつラップにくるみ
      タッパー容器に入れて
      冷凍庫へ保存
    3. 冷やし固まったら
      ラップを取って頂く

    つわり中は台所に長時間
    たつのも辛い、そんな空腹時のつわりに
    苦しむ方向けの簡単レシピです。

    キャンディ代わりに食べられるので、
    一気に食べることもなく、カロリー
    を一日のうちで分散できます。

  • バナナプリン

    妊婦さんへの手土産に、
    手作りのバナナプリンです。

    こちらのおやつと共に、少し気分が
    落ち込みやすくなっている妊婦さんと

    おしゃべりなど楽しい時間
    過ごされては?

まとめ

妹のつわりは、少し落ち着いたものの
まだまだ本調子とはいきません。

そんな中、優しい旦那さんは冷凍
バナナ
をささっと作り、妹に
気遣ってあげているとか。

バナナのおかげか、少し吐き気
和らいだようです。精神的にも
少しゆとりが出てきたとか。

バナナのビタミンB6や
マグネシウム効果かは
定かではありませんが、

優しい旦那さんの愛情効果
間違いないようです。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ