スポンサーリンク

ノートや鉛筆の値段があまり変わらないのはなぜ?その理由はコレ!

息子がまとめ買いしていたノートが、
なくなったので買ってきてと、
頼まれました。

しばらく文房具店はご無沙汰でしたが、
久々に行ってみました。

B5のサイズの30枚入りノートが、
1冊100円で売られていました。

100円?あら?昔っていくらだったっけ?

なんだか昔とあんまり、値段
変わっていないような気がします。

ついでに鉛筆も気になったので、
値段を調べてみました。

鉛筆は1本80円でした。

あれれ?やっぱり昔と値段があまり変わらない

気になったのでもう少し詳しく
調べてみることにしました。


スポンサーリンク


ノートと鉛筆の値段はほとんど変化がない?

コクヨのキャンパスノートは、
1975年に発売されました。

その当時の値段はB5サイズ30枚入りが、
90円でした。

最初に登場した文房具店では100円だったので、
比べてみると、ほとんど値段が
変化していないことになります。

お店によって多少の差はありますが、
ノートは昔と値段はほとんど、
変わらないようです。

そして鉛筆です。

今鉛筆は1本およそ80円です。

1975年の当時は1本20円~30円でした。

若干値上がりしていますが、
上り幅はすごく少ないです。

試しにほかの製品と、
値上がり幅を比べてみます。

同じ1975年ごろ、映画代は800円でした。

現在は1800円なので、
すごく値段があがっているのがわかります。

うな重は1975年ごろは800円でしたが、
現在は並でも2000円近くします。

なぜノートや鉛筆は、
あまり値段が変わらないのでしょうか?

st_kokuyo00-300x214

ノートや鉛筆があまり値段が変わらない理由は?

野菜や果物など生鮮食料品は、
天候季節によって、
生産量が変わってきます。

しかし、ノートや鉛筆は
気候により生産量が左右されるということが、
ありません。

原材料費の値上がりもないし、
流行も特に関係ないので、
いつも生産量が一定しています。

特別のことがない限り品薄になったり、
余ってしまったりしません。

市場価格は需要量供給量の関係で、
変わってきます。

ノートや鉛筆を使いたいと思う需要量と、
工場で作る供給量のバランス安定し、
変化がありません。

そのために、昔とほとんど値段が変わらないのです。

DSC00225-300x197

まとめ

ノートや鉛筆の値段を調べて、
昔からほとんど値段が変わらないのに、
感心しました

パソコンやシャープペンの登場で、
ノートや鉛筆はやや地味な位置に、
追いやられているような気がします。

時代が変わり、いろいろな文房具筆記用具
登場してきました。

それでも、鉛筆とノートは、
永遠のロングセラーであることは、
まちがいありません。

こんなに安く手軽に買えるノートや鉛筆の存在を、
あらためて見直しました


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ