スポンサーリンク

スーパーのレジのバイトが簡単って本当?経験者の意見とは?

スーパーで買い物をしていると
レジに行列ができているところと
そうでないところがありました。

ベテランの方は、商品のスキャン
かごに入れるスピードも早いです。

研修中の方は、ベテランの方と
比べるとゆっくりです。

スーパーのレジのバイトは
商品のスキャンをする仕事なので
簡単そうに見えますが

働いたことがある人の意見では、
楽しいという人もいれば
大変だという人もいます。

レジのバイトが簡単だと
言われている理由や
経験者の意見
を調べてみました。


スポンサーリンク


レジのバイトが簡単な理由

レジのバイトが簡単な理由は、
使用するレジ端末の操作が
簡単だからです。

10代の人でも
50代の人でも使うことができる
機器なので特別な技能は必要ありません。

1週間使えばすぐになれるそうです。
商品のバーコードをスキャナ部分に
スキャンレーザーに読ませたり、

受け取った金額の入力や、
クレジットカードを利用するときも
手元のキーを操作しますし、

各キーに割り当てられているので
キーの場所を覚えておけばスムーズにできます。

また、受け取ったお金を入れると読み込むものや
ボタンを押すと自動でお釣りが出てくるものも
ありますよ。

スーパーのレジの仕事って何?

スーパーのレジの仕事内容は、
レジ打ちレジの点検サービスカウンター業務
店内清掃買い物カゴの片付けなどです。

レジの仕事の中でメインレジ打ちですが、
他の仕事を行うこともあります。

レジ点検

レジの点検では、
渡したお金に間違いはないかを確認します。

釣銭機やお金を入れるドロアに
お金が入りすぎた場合に
金庫入金する作業も行うのです。

また、24営業ではない店舗では
開店前のスタートアップ作業や
チェックイン。

閉店後のチェックアウトと
シャットダウンの作業を
行います。

24時間営業の場合は、
レジ点検お金の回収作業など
お客さんのいない深夜の時間帯に行うのです。

サービスカウンター業務や買い物カゴの片付けなど

大きなスーパーには、
宅配便の発送商品券販売などを行う
サービスカウンターがあります。

人数が少ない店舗やお客さんが少ない時に
レジのスタッフが業務を行うこともあるのです。

買い物カゴはお客さんが使いやすいように
店内の各場所に置いたり、
レジ付近に置いています。

そして回収したカゴを
元の場所に戻すことも行います。

大変だという人の意見とは

慣れるまでが大変

レジのバイトは、慣れるまで大変です。

初めは先輩が付いてくれますが
一人立ちするまでには1ヶ月必要です。

初めのうちはミスをすることもありますが、
慣れてくると自分のペースをつかんで
仕事ができるようになっていきます。

そうするとだんだん周りが見えてきて
ミスも減っていきます。

値引きや割引に対応すること

月に何回か特売日
夕方になると割引されますよね。

その時に値引き割引
間違えないようにすることや表示方法を
しっかり見なければならないことです。

楽しいという人の意見とは

いかに早く処理できるかが楽しい

スーパーのレジで求められるものは
正確で速いレジ業務」です。

特売日には平日でも土日でも
行列ができます。

その時にいかに早く処理できるか
意識しながら行っているそうです。

お客さんが流れやすいレジには、
たくさん並びますよね。
その分作業の量が増えます。

作業を早くこなすことでお客さんから
評価されますし、やっていて楽しいようです。

お客さんとコミュケーションが楽しい

たまに話しかけてくれるお客さんがいますよね。
何ヶ月も続けているうちに顔を覚えられると思います。

お客さんの中には、
店員との会話を楽しんでいる人がいます。

自分から話しかける必要はありませんが、
お客さんに話しかけられたら嬉しいですよね。

お会計が終わって、
最後に「ありがとう」と言ってもらえると
この仕事をしていて良かったと思えるでしょう。

まとめ

私が買い物に行ってお会計の際、
別会計にしてもらったり、商品券の使用
お金をカードにチャージするなど

複雑時間がかかることも
店員さんは、素早く行ってくれました。
これらの作業も慣れれば簡単だそうです。

もし、私が店員さんだったら
混乱して時間がかかっていたと思います。

最近、アルバイトをしようかと
悩んでいたので参考にしたいです。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ