スポンサーリンク

ステロイド!筋肉増強剤の副作用とは?

テレビ画面に映る、ムッキムキの筋肉自慢
ボディビルダーの皆さんの姿・・・。

数年前に転勤になった、取引先の営業さん、
どうしてるかな、と頭をよぎったんです。

e1adfb8d6035494822b9ad6b41df217a_s-300x200

というのも、普段はスーツでカモフラージュ
していましたが、現役のボディビルダーでした。

昼食は、茹でた鶏のささ身やオイル抜きの
シーチキンを食べ、そこまでするんだ、と、
ある種、尊敬の念を感じていました。

「ものすごいマッチョな人っているでしょ?
ああいう筋肉、ステロイドを使えば簡単に
作ることができるんだけどね。」

と言った彼ですが、こう付け加えたのが
忘れられません。

「でも、副作用があるから、絶対に使わない
って決めてるんだ。」

ステロイドって、そんなに危険なの?
筋肉増強剤の副作用について、調べてみました。


スポンサードリンク




ステロイドって何?

我が家でも、ステロイドはよく使っています。

酷くなった皮膚炎やぜんそく用の薬など、
効き目も強く、ここぞという時の救世主です。

しかし、筋肉増強剤として使用されている
アナボリックステロイドとは全く違うものです。

「筋肉増強剤」ステロイドとして名高いものの、
元々は医療用に開発されたものなんです。

骨粗鬆症や大けが、大やけど悪性腫瘍などの
治療薬として使われています。

アナボリックステロイドは、摂取した食物から
たんぱく質を作り出す作用が強力にあります。

634b869e64ee5d1140299de57f322a9e_s-300x198

筋肉を増やすことで、競技のパフォーマンスも
向上する、と密かに運動選手に使われたのが
きっかけなんです。

ステロイドを使って、筋トレをおこなった結果、
通常の20倍以上の速さで筋肉を付けることが
できる、とも言われています。

しかし、ステロイドには副作用もあるのが
現実です。

安易に手を出して、ステロイドを止められなく
なると、様々な悪い症状に悩まされることに
なるんですよ。

深刻なステロイドの副作用

アナボリックステロイドは、短期間に筋肉量を
強力に増やしていく作用があります。

筋肉を付けたい人にとっては、魔法のような
薬なんですね。

しかし、うまい話だけじゃ終わらないのが
世の常です。

アナボリックステロイドを長期間に渡り、
使い続けた先には、こんな副作用が待っています。

男女に関係なく現れる副作用

  • 肝機能障害
  • 腎臓障害
  • 高血圧
  • 心臓疾患
  • 発がん性
  • ウイルス感染症
  • じん帯の損傷
  • むくみ
  • 頭痛
  • 不眠
  • 顔や胸のニキビ

たんぱく質を筋肉に変える作用が強大な
アナボリックステロイドは、筋肉だけに
作用するものではありません。

臓器の肥大にもつながり、負担をかけます。
心臓に負担がかかり、突然死することもあります。

また、ホルモンバランスが崩れるので、
大量のニキビができることも代表的な副作用です。

精神面にも表れる副作用

ステロイドの影響力は、精神面にも表れ
心の病に発展する恐れもあります。

  • うつ状態・自殺願望
  • 攻撃的になる
  • 極端に疑心暗鬼になる
  • 妄想
  • イライラしやすくなる
  • 気分の変動が激しくなる

eab2bad3c6e3af4c1a4ba9f66313e791_s-300x213

身体的な副作用だけではなく、気付かぬうちに
性格まで攻撃的になっていくのは、怖いですね。
 

男性に現れる副作用

長期に渡って、ステロイドを使ううちに
男性ホルモンが生成しにくくなっていきます。

アナボリックステロイドは、男性を司るホルモン
テストステロン」の人工生成版です。

外から投入された疑似男性ホルモンに、体は
「これ以上体内でホルモンを生成しなくていい
指令を出すためなんです。

そうなると、以下のような副作用が表れてきます。

  • 男性的な機能の低下
  • 乳房が女性のように膨らむ
  • 前立腺の肥大

体は、男性ホルモンが作り出せなくなるだけ
では終わりません

外から摂取された、大量にあふれかえった
男性ホルモンは、女性ホルモンに変換されます。

その結果、女性のような乳房になるんですね。

女性に現れる副作用

一方女性は、男性ホルモンが過度になるため
体が「自分は男である」と指令を出してしまう
とのことなんです。

  • 月経不順・無月経
  • 体毛の増加
  • 乳がん
  • 声の低音化

体の異常に気が付いて、ステロイドの使用を
止めても、元に戻らないことが多いんです。

長期間のステロイドの使用は、想像以上の
怖い副作用があるんですね。

まとめ

元々は、病気の治療薬として開発された
アナボリックステロイド。

もちろん日本では、所持したり使用しても
違法ではないので、制限するのは自分次第
なんですよね。

それでも、副作用がなるべくないよう
使うには、どうしたらいいのでしょう?

ステロイドを使うのは、12週間以内に留めて
おくこと、と言われています。

しかし、どんな期間でもステロイドを摂取中は
体内で生成する男性ホルモンが減少することには
変わりありません。

12週間以内であろうが、関係なくホルモンの
バランスが崩れます。

私の知人が言っていた副作用の危険性
はっきりとわかりました。

しっかりと副作用を学んだうえで、
ステロイドの使用は考えていきたいですよね。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ