スポンサーリンク

シャンプー!ノンシリコンのメリットとデメリットとは?

ノンシリコンシャンプー、何かと話題に
なってます。

b2fe6ca52e75b3932615de90d979aeb3_s-300x200

コマーシャルを見るたびに、髪に良さそう
雰囲気たっぷりですよね。

ドラッグストアでも、様々な種類が並んでいて
香りもパッケージも素敵なものばかりです。

シリコン入りのシャンプーより、お値段も高め
とあって、私はいつも試供品止まりです。

というのも、私の髪の悩みは髪の量の多さ。
広がりやすくて、まとまりにくいんです。

以前、ノンシリコンシャンプーで洗った時に感じた
髪のキシキシした感触に、正直戸惑いました。

それでも、髪に良いなら使ってみたい、という
気持ちは消えません。

ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリット
とことん調べてみましたよ♪


スポンサーリンク




シリコンってどんなもの?


シリコンって何でしょう?

髪に良い、との謳い文句のノンシリコン
シャンプーの登場に、シリコンの立場が
揺らいでいます。

と、言うのは大げさな話ですかね。

実は、シリコンとは「シリコンオイル」といい
とろみのある油のような状態なんです。

塗布すると、被膜を作りコーティングしつつ、
水を弾く性質があります。

シャンプーだけでなく、ファンデーションなど
にも含まれている場合があります。

シリコン入りのシャンプーには、こんな特徴
あるんです。

  • シャンプーの時の指通りがよくなる
  • 髪をコーティングし、サラサラの感触にする
  • 摩擦による髪の傷みを予防する
  • しっとりまとまる髪にする

シリコンの特徴を見ると、そんなに悪いもの
思えないですよね。

それでも、ノンシリコンの良さを感じている
人もたくさんいるのは事実。

ノンシリコンのメリットって、何なのでしょう?
詳しく調べてみましたよ♪

ノンシリコンシャンプーのメリット


ノンシリコンシャンプーに良さは、シリコン
作用しないことで、発揮されます。

髪に軽さとボリュームが出る


シリコンでコーティングしなくなった分、
しっとりまとめる作用がなくなります。

シリコンの重さでペタッと潰れず、ふんわりと
軽さが生まれますよ。

ボリュームも出るので、細い髪質の人にも
おすすめのシャンプーです。

パーマやカラーが長持ちする


シリコンは、髪の表面にくっついて保護する
作用があります。

シリコンを排除することで、パーマ液
カラーリング剤の浸透を、より効果的にします。

1efaed4611bf8cb46a29a9a48a5c1787_s-300x200

また、シリコンの作用でパーマのカールが
取れやすくなる、とも言われています。

頭皮の健康を保つ


シリコンが、すすぎ不足からフケや毛穴詰まり
原因になる可能性があります。

ノンシリコンシャンプーなら、シリコンの残留
なくなりますね。

メリットがある一方で、シリコンの排除により
デメリットが生じるのも正直なところ。

ノンシリコンシャンプーに、どんなデメリットが
あるのか、詳しく見ていきましょうね。

ノンシリコンシャンプーのデメリット


シリコンの恩恵が無くなると、どんな状態に
なるのでしょうか?

ノンシリコンのデメリットには、こんなものが
ありますよ。

髪のダメージが進行する


髪は、紫外線・熱・乾燥・カラーリングなど
様々なことからダメージを受けています。

一度、ダメージを受けて傷付いた髪は、
自己修復するのが難しいのです。

シリコンは、自己修復できない髪を覆って
ダメージの保護をします。

ノンシリコンだと、髪を保護するものがない
ということになります。

シャンプーの時の摩擦や、外的なストレスで
ダメージが進む可能性がありますよ。

ドライヤーの熱に弱くなる


ノンシリコンだと、髪をコーティングする
作用が無くなるため、無防備になります。

ドライヤーやヘアアイロンなどの熱には
とても弱くなっている状態です。

df080b26bdf7190b236ba2ad8312be96_s-200x300

髪自身の水分を奪ってしまい、パサついて
しまう恐れがありますよ。

髪がまとまりにくくなる


髪質によっては、髪が膨張したりうねり
出やすくなります。

ノンシリコンだと、特に髪の量が多い人は、
必要以上にボリュームが出て、まとまりが
悪くなりますよ。

髪がきしむ・手触りが悪くなる


シリコンは、シャンプー時の指通りをよくする
作用があります。

そのため、ノンシリコンの場合、髪同士が
絡み合ってしまいます。

34e4731ba409c5df2fdac696ce9df877_s1-300x200

シャンプーの時だけでなく、髪を乾かした後
摩擦やきしみを感じることもありますよ。

ダメージの進んだ髪の場合、絡まりあって
悪化することもあります。

まとめ


私のような、髪の量が多く膨らみやすい
髪質の場合には、ノンシリコンシャンプーは
適していないようですね。

うねりもあるので、ドライヤーも長めの時間
使います。

私の場合、今まで知らず知らずに、シリコンの
おかげで、まとまる髪になっていたんですね。

ノンシリコンシャンプーを使って、効果を
感じるためには、まずは髪のダメージがない
ことが前提なんですね。

髪のボリュームが欲しい場合や、ダメージの
少ない髪の持ち主には、ノンシリコン
おすすめですね♪


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ