スポンサーリンク

ゲームが趣味という大人の数が激減?こんな理由があった!

テレビなどで大々的に
ゲームの発表告知のCMを見ると、
ゲーム好きな私は血が騒ぎます。

けれど、
横やりを入れてくる家族や友人の指摘
「ゲームが趣味なんてかっこ悪い!」

果たしてそうなのでしょうか。
ちょっと納得がいかないので
詳しく調べてみることとしました。

人に迷惑かけない限り、問題ないと
思っているのですが・・・


スポンサーリンク


実際減っているゲームが趣味の大人

実際、社会人になると仕事もあり、
なかなか腰を据えて
ゲームというのも難しいのでしょう

また、据え置きゲームには
データの読み込むに時間が
掛かってしまうこともあり、

それが苦痛でテレビゲームから
遠ざかる人もいるようです。

くわえて、昨今の
携帯アプリゲームがテレビゲーム離れを
加速しているといってもいいでしょう

とはいえ、一定数は
ゲームに精をだす大人もいるわけで……

アプリもだめ? ゲームが嫌われている現状

ネットで調べる限りでも、
あがってくるのは、

「大人がゲームなんて……」
「幼稚っぽい」
「低俗」

などなど、散々なものです。
周りが否定的だと、趣味とはいえ
隠したくなるのが人情というもの。

実際、質問投稿サイトでは、
そういった環境を苦にした
方々が質問を寄せていました。

「ゲームは子供っぽいですか?」
「やめた方がいいですか?」
「ゲームは趣味になりませんか?」

と、様々です。

追い詰められている様が想像できます。
どうしてそんなに毛嫌いされるのか……。
根本的な原因を探ってみました。

払拭されないイメージが原因

かつては、ゲームをする人は
日がな一日ゲームばかりで、

他ごとをせず、趣味と言えば
それだけという人も多かったようです、

旧世代のイメージといえばそれまでですが、
やはり根強いらしく、

彼氏や彼女がゲーマー
(ゲームを好んでする人)だと、
別れ話を持ち出すパターンも多いようです。

数十年前に比べて、より便利になり、
電話も簡単にかけられる世の中で、

自分よりもゲームに一心になっている
姿が許せないのかも知れないですね。

もしかしたら、
自分を構ってもらいたいという
ジェラシーの現れなのかも??

結局趣味は趣味

記事を探っていくと、
こんな興味深い記事がありました。

「ゲームは子供っぽい。
子供がやるものだから」

と、一蹴する彼女に向かって、

「ケーキがあるよ」
「遊園地に行こうか」
と、誘いをかける彼氏さん。

喜んで賛成する彼女さんですが、
心の中で少し疑問に思った彼氏の方。
「遊園地は子供っぽくないの?」

まさにその通りですね。
やはり、大多数の偏見というのが
大きな原因と言えるのではないでしょうか

まとめ

ゲーム好きとしては
いまだに偏見が根強い事に
少しばかり複雑な気持ちです。

また、周囲がそうだと趣味が
ゲームとは言いだせず、

結局何もいい趣味が
思い浮かばないまま……。
無趣味と答えたりして、

場のコミュニケーションに
障害を及ぼしかねません。

周りが「そうなんだ」
と広く認める心を持ってもらうこと、

また、そのためにも、
少しでもゲームの良さを伝えていくこと、

それが根強い偏見を払拭し、
もっともっとゲームの
好きな大人が増えることでしょう。

私も、もっとアピールしていきたい
と考えた次第です。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ