スポンサーリンク

キーボードの配列の意味!かなの並びを解明♪

普段、何気なく使っているパソコン

キーボードを叩く指は、どこにどんな文字
あるのかなんて、今さら気にしていません。

98864ff5f296a189c6c66e054c6928c4_s-300x225

長年パソコンを使っていると、自然に指が
動くのが不思議なくらいです。

慣れって、すごいな・・・と。

でも、ある日、小学校でパソコンの授業を
教わり始めた息子から、キーボードの配列
不思議で仕方ない、と言われたんです。

「何で、ひらがなの並び方が「あ」から
順番になってないの?」

そうだね、何でだろう

かな入力することがなかったから、特に
気にしてなかった!

息子の疑問は、解消してあげたいもの。

キーボードのかなの配列には、どんな意味が
あるのか
、調べてみましたよ♪


スポンサーリンク


日本で初めてのタイプライターとは?

日本における、キーボード入力できる機械が
お目見えしたのは、20世紀初めなんです。

8a2607276cbeac4a0c4620d326e6ee3c_s-300x225

この頃のタイプライターは、外国製のものを
改造して作られたものでした。

日本語のかなの数に必要だったキーの数は、48
だったにもかかわらず、当時のキーは42でした。

キーボードの配列は、キーの使用頻度の研究を
重ね、人差し指で打ちやすい場所に頻度の高い
かなを置きました。

この時期のキーボードの配列は、現在のものとは
大きく違っています。

しかし、1920年代になると、キーボードの配列は
ガラリと変わることとなります。

50音との関連性を持たせた配列に

1920年代、かなのためのタイプライターの製作の
ため、アメリカの企業との研究がなされました。

その時に、アメリカの企業からは、こんな意見
強く推された、とのことなんです。

「キーボードの配列は、頻度よりも覚えやすさ
重要視した方がいい。」

この時に、50音表との関連性をキーボードにも
反映させた形となったのです。

e6bbaa0b70e1f9669b23b04e5f019207_s-300x200

この段階で、現在のキーボードの配列に近い形
なってきました。

しかし、まだキーの数は42のまま。

現在のキーの数は48なので、1つのキーに2つの
かなが混在している場合がありました。

例えば、

  • 現在の「さ」のキーには、「さ」と「
  • 現在の「ひ」のキーには、「ひ」と「
  • 現在の「こ」のキーには、「こ」と「

などの組み合わせが、いくつかありましたよ。

キーの数が42から48へ

その後、1940年代にキーの数が44になり、
1960年代に47、1970年代に48になりました。

基本的な配列はそのままに、今まで重複して
割り振られていたかなのキーを増やしました。

元々、打ち分けるのが難しかったかなを、
新しく増えた左右のキーに、適当に割り振った
とのことなんです。

大体は、50音表に関連のあるようにまとまり
よく配置してあるのに、不思議な場所にある
かながありますよね。

kana-300x118

「ぬ」「け」「せ」「ふ」「ほ」「へ」「む」
などが、その例ですよ。

基本的には、50音表に関係のある配列ですが、
キーの増加によって、割り振りされたかなには
あまり意味がないんですね。

まとめ

この話を、小学生の息子に、説明するのは
少し難しいな、と思いました。

考えた結果、こう教えましたよ。

「昔、あいうえお順にまとまりを作って、
キーボードを作ったんだけど、進化の途中で

キーが増えて、今まで足りなかったかなを
左右にくっ付けたんだって。」

うん、うん、とうなずく息子。

キーボードを見ながら、
「あ」のまとまりは、ここにあるね、とか
楽しそうに言っていましたよ。

今まで当たり前だと思って、考えたことも
なかった、キーボードの配列

こんな理由があったんですね♪


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ