スポンサーリンク

カレンダーの場所!風水ではトイレが厳禁ってホント?

トイレの壁が画びょうの穴だらけ。カレンダーやポスターを、壁に画びょうで貼っては剥がしで、この有り様です。

トイレの壁の穴を隠すのに、カレンダーは必須でしょ、とばかりに穴がまた増えていきます(笑)そんな時、友人から画びょうの穴の跡にはティッシュペーパーを詰めればいいって教えてもらったんです。

つまようじで、つついて埋め込むんです。なるほどね、感心していたのですが、それよりも、もっと気になることを言われて早く家に帰りたくなりました。

トイレにカレンダーはやめた方がいい。

友人の話を聞いて、帰宅して速攻トイレのカレンダーを剥がしました!というのも、トイレとカレンダーとの間にはこんな関係があるんですよ。

知ってしまったら、すぐにでも実行したくなるトイレの話、こっそり教えますね♪


スポンサーリンク


トイレは陰の気が多い場所

風水学的にみると、トイレは陰の気を持つ場所、と言われています。良い気を食物から取り入れ、悪い気はトイレで出す、というのが風水の考え方なんです。

トイレは、健康や財運に関係するとも言われているんですよ。ちなみに風水では、トイレはどの場所に作ってもいいことはない、なんて言われるぐらいなんです。

つまり、トイレそのものが。身も蓋もありません・・・。

それでも、生活にはなくてはならないものですよね。だからこそ、トイレに悪い気を留めておかないためにも、風水的にも工夫が凝らされる場所なんです。

トイレにカレンダーは貼らない!

トイレの風水を考える上で、様々な注意点があります。その中でも、よくやってしまいがちなのがトイレにカレンダーを貼ってしまうこと。

インテリア的には、何の問題もないですしトイレで予定を確認するには丁度いいようにも思いますよね。しかし風水的には、トイレにカレンダーを置くのは、よくないこととされています。

カレンダーとは、1年の時の流れを司るアイテムになります。陰の気が多いトイレにカレンダーを置くと時間やスケジュールなどに関することで支障が出やすい、と言われています。

例えば、時間に遅れたり、仕事でミスが続いたりと、うまくいかないことが起きる原因にもなりえます。つまり、トイレから発するの陰の気が計画に厄を付けるとのことなんですよ。

トイレにカレンダーを置いているなら外してしまいましょうね。

トイレに悪い気を留めないために

人間は、風水で悪い気が溜まっていようがトイレに入らなければなりません。トイレになるべく悪い気を溜めないでおくコツも、風水では考えられています。

カレンダーをトイレに置かないこと以外にも、こんなコツがあるんですよ。

幸運を呼ぶトイレの風水術

  • トイレの蓋は閉めておく
  • 便器の中から悪い気が漂うのを防ぐ

  • トイレ専用のスリッパを使う
  • トイレの悪い気をトイレの外に持ち出さないようにする

  • 換気扇を常に回しておく
  • 窓がなければ、換気扇を回して空気の循環をさせる

  • トイレで長居をしない
  • 元々陰の気を持つ場所なので、読書やスマホなど長居はしない

  • トイレはいつもきれいに保つ
  • トイレが常にきれいだと、金運が上がると言われています

  • 植物の飾りを置く
  • トイレの水の陰の気を、植物が吸い取ってくれます

特別なことは、そんなにありません。

トイレの清潔を保ち、清々しい空間づくりをすればいいだけなんです。ただし、居心地がよくなっても、長居は厳禁ですよ(笑)

まとめ

我が家のトイレをチェックしてみました。

カレンダーを外しました。大きな世界地図も、外しました。カレンダーだけでなく、本やポスターなどの紙類も好ましくない、とのことでしたから。

置いていた植物、これはよし!

窓がないので、換気扇も回しっぱなしでこのまま現状維持です。トイレマットとトイレスリッパもあるので大丈夫そうですね。

トイレの蓋は、小学生の息子が気まぐれで開けたり閉めたりなので、これは言っておかねば!トイレ掃除は、毎日やるようにしよう。

これでよし!
トイレを見直してみて、何だかスッキリしました♪

後は、壁の画びょうの穴の跡を修繕するだけです(笑)


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ