スポンサーリンク

カチューシャの簡単な作り方?ゴムで作るカチューシャに挑戦!

最近カチューシャが売られているのを
よく目にするようになりました。

ちょっと友達と遊びに行く時に、
デートに行く時に、

オシャレなものは結婚式にも
付けたりして楽しむようです。

うちの高校生の娘も
このカチューシャが大のお気に入り。

この間は綺麗な布や、
ゴムをたくさん買ってきてました。

「何に使うの?」と聞くと、
どうやらカチューシャを作るそうで。

出来上がりを見せてもらうと
売り物のように可愛く出来ていました。

「誰かとカブるの嫌だから、作ったの」
売られているものを買うと、
やはり友達や通りすがりの人と

同じものが嫌みたいで、
自分で作ったらしい。

でも、こんなに簡単に作れて、
世界で一つのカチューシャが作れるなら
いいですよね。

私も自分で気になってきたので、
娘と一緒に簡単にゴムで作れる
色んなカチューシャの作り方を調べました。


スポンサーリンク


ゴムで作るカチューシャ<基礎編>

まずは基本的なカチューシャを
作れるようになりましょう。

基本は、幅が広い「ワイド幅タイプ」
幅が細い「細幅タイプ」
この二つを作ってみましょう。

ワイド幅タイプ

<材料>
使用したい布(46×32cm)
1.5cm幅の黒い平ゴム12cm

  1. 中表に2つに折り、折った部分をマチ針でとめ、
    中央を8cm程残して1cmの縫い代で縫います。
  2. 両端の0.5cmのところを
    しつけ糸で縫いします。
    しつけ糸なのでザックリ縫って大丈夫です。
  3. 糸を絞って2cm幅にします。
    1.5cm幅のゴムが通るところなので、
    あまり太くなり過ぎないようにしてください。
  4. 両端とも同じにします。
  5. ③で2cmに幅にした縫い目の開きから
    ゴムを入れ、ゴムの端をギャザーに合わせます。
  6. 両方の端を同じようにしてゴムを縫い付けます。
  7. 表に返し、縫い目の開きを縫うと、
    完成です。

細身タイプ

<材料>
使用したい布
1.5cm幅の平ゴム12cm
型紙2枚

  1. 型紙を準備してください。
    型紙はここからとれるので、
    2枚印刷して作ってください。
  2. 型紙http://zannalees.web.fc2.com/headband2_pattern_jp.pdf

  3. カチューシャの型紙2枚を中心に合せ、
    テープでとめます。
  4. ゴムを包む用の布は
    2つ折りにしてマチ針でとめ、
    1cmの縫い代で長い辺を縫います。
  5. 縫い初めと縫い止りは返し縫いして
    しっかりほどけないようにします。
  6. 縫い終わったら両端を1cm裏側に折って、
    表に返しておきます。
  7. ヘアバンド本体の2枚の布
    中表に重ねてマチ針でとめます。
  8. 片側の辺の中央あたりを5cm程残して縫います。
  9. 縫い初めと縫い止りは返し縫いして
    しっかりほどけないようにします。
  10. 縫い終わったら、
    中央の開きから表に返します。
    中央の開き部分を縫います。
  11. ヘアバンド本体の端とゴムを1cm重ねて
    返し縫します。
  12. ゴムをくるむ用の筒状の布をかぶせます。
    ゴムが隠れたら継ぎ目を縫います。
  13. 反対側も⑩と⑪と同じようにすると、
    完成です。

ゴムで作るカチューシャ<応用編>

今度は普段使い用だけでなく、
ドレスに似合うものや
清楚に見えるオシャレなものまで

基礎編を応用して
もっとカチューシャを作ってみましょう。

レースで作るカチューシャ

<材料>
レース 45cm
平ゴム 10cm

  1. レースがほどけないように
    レースの端を少し折ります。
  2. レースの真ん中にゴムを置いて、
    ゴムをはさんで、レースを斜めに折り
    縫います。
  3. 反対側も同様に斜めに折り
    縫ったら完成です

毛糸で作るリボンカチューシャ

<材料>
中細コットン糸
輪になってないゴム(ヘアゴム)1本
ビーズ
フェルト1cm角
3号かぎ針

  1. くさり編みで作り目を3cmくらい作ります。
    その後、スタークロッシェ編みで
    2段(1模様)編みます。

    スタークロッシェ編みは動画を参考にしてください。

  2. ゴムを輪にして結びます。
    ゴムが交差するようにして両端を縫い留めてください。
  3. 細編みで10目×4段程度編み、
    先ほどのゴムの交差を隠すように
    巻きつけて縫ってください。
  4. 次にリボンです。
    くさり編みで作り目をして、
    14cm×4cmくらいに編みます。

    編みはじめと編み終わりの段は細編みにして、
    他は長編み
    で編んでください。
    編み終わりの糸を長めに残しておいてください。

  5. スチームアイロンを当てて平らに伸ばし、
    輪にしてリボン型に調え、縫います。
    ただし、まだ糸は切らないでください。
  6. リボンの裏の真ん中にフェルトを当てて
    ビーズを手縫い糸で縫い付けてください。
  7. 切らずに残しておいた糸
    カチューシャ本体にリボンを
    縫ったら完成です。

おわりに

カチューシャを作るなんて
難しいと思っていましたが、
意外と簡単に作れるような気がしてきました。

最後の毛糸を使ったカチューシャは
なかなか難しいかもしれませんが、

ビーズをパールに変えたりすると
オシャレなお出かけでも使えそうですね。

私は、さっそくレースのカチューシャを作って
出かけてみたいと思ってます。

カチューシャを作ることで、
遊びに行ったり、オシャレをすることが
もっと楽しくなりそうですね。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ